• ホーム
  • カバラについて
  • 西洋占星術について
  • タロットについて
  • 鑑定の流れについて
  • 鑑定料について
  • プロフィール
  • アクセス
  • お問い合わせ

2013年3月

パソコンcafeスマイルで、今日もレッスン中。

DSC_0915.JPG今日はオフ。

前々から予定していた、パソコンcafeスマイルのyummy先生のレッスンを受けています。

今日は、ホームページの更新と、チラシやフライヤーに載せる地図をワードで作成します。

今、私は、まず、手書きの地図を描いています。

この四月から、&passo(アンドパッソ)として、新規開業するyummy先生。

四月の初めに新聞折込広告を入れるそうですよ。要チェックです!

&は、安東にあることを示していて、passoは、イタリア語で一歩という意味だそうです。

安東地区にある、一歩を踏み出すパソコン教室です。

この春、一歩を踏み出すのは、yummy先生であり、生徒さんかな?

さて、今日の私は、午後も予定がぎっしり。

鑑定準備や、放送原稿作りをします。

では、今日も、良い日にいたしましょう!

メールが届かない!

ホームページのお問い合わせフォームから、お問い合わせをいただいたお客様に、返信したところ、何度、送っても、不着の通知が来てしまいます。

パソコンからだけでなく、スマホからも送ってみましたが、こちらも不着。

困りました。

もし、このブログをご覧になられていたならば、携帯メールでなく、パソコンのメールアドレスから、もう一度、ご連絡いただけたら、と思っています。

ご覧になられていることを祈ります。

この願い、届きますように。

おやすみなさい(謙虚と卑屈)

謙虚と卑屈、自信と慢心、それぞれに、ものごとのプラス面とマイナス面を表していると思います。

カバラでは、1という数字のプラス面に、「強い意志」というものがある反面、それが行き過ぎると、「頑固」という欠点になる、という考え方をします。

いかに、バランスをとるか、は、カバラにおいても、重要な視点です。

中庸という言葉が、東洋にもありますが、バランスをとることがいかに大切かを、洋の東西を問わず、昔の人々が気づいていたことが大切だと思います。

人は、過ちをおかしたとき、どうしても、反対の方向に、大きく振れるようですね。

中国では、「羹に懲りてなますを吹く(あつものにこりてなますをふく)」という言葉で、それを戒めています。

日本にも、「過ぎたるは及ばざるがごとし」という、その一面を表した言葉があります。

昔の賢者は、人間の心の、不安定さを知り、行き過ぎることの、もしく足りないことのないように、教えを説いていたのでしょう。

私は、このごろ、四書五経を読んでみたくなりました。

なぜかと申しますと、韓国ドラマの話になって恐縮ですが、このほど、NHKのBSプレミアムで始まった「太陽を抱く月」というドラマの中のヒロインが、四書五経に通じていて、とても魅力的なのです。

四書五経のなんたるかを調べることから初めて、東洋文庫などで、ひとつひとつ、当たってみようと思います。

さて、表題にいたしました「謙虚と卑屈」、これは、私のテーマでもあります。

私は、このブログをご覧になられた方ならお分かりかと思いますが、非常に言葉づかいが丁寧です。

それは、もう、馬鹿丁寧というくらいで、慇懃無礼(いんぎんぶれい)にならないよう、常に気を使います。

基本的には、どんな方にも、敬意を持って接するよう、両親から教育されていますので、そのように振る舞うよう、いつも気を付けています。

それ自体、決して、とがめられるべきことではないのですが、人によっては、他人行儀だと、思われるようですね。

そのくらいなら、まだよくて、丁寧な言葉で低姿勢を貫く私を、自信がなくて、気が弱い人と、勘違いする方もおられます。

臨機応変さがないという評価をされたこともあります。

私は、誤解を恐れず、謙虚さを失うことなくいたいと思ってきました。

しかし、ここへきて、先日のブログでも登場した、天使とつながることのできる、cosmic美保さんの指摘に、目が開かれる思いがしたのです。

その指摘とは、「自分を認めてあげることが、洋子さんのテーマだと思いますよ」というものでした。

また、「力のある人が、自分の力を認めないと、いろいろ困難な状況におかれるというのが、私の観察から言えることです。」とも。

今まで、自分が謙虚でいることばかり、美徳と考えていたけれど、本当はそうではないのかもしれない、そう思い始めている私です。

誤解されたのも、謙虚というより卑屈になっていたからかもしれませんしね。

自分が努力して、身に着けたものについて、認めないのでは、お客様のお役にも立てないでしょう。

ですから、私は、慢心でない、自信を身にまとった人になりたい、そう、思うようになりました。

そして、もっと、世の中の役に立ちたいと思います。

それでは、皆様、おやすみなさい。

「致知」という雑誌、ご存知でしょうか?

DSC_0912.JPG今日は、有給休暇をいただき、午後から、「致知の会」に出席しました。

「致知の会」とは、雑誌「致知」を読んで、感想を述べ合ったりする勉強会です。

私は、先月から、出席させていただいていますが、とても、勉強になっています。

「致知」という雑誌は、生き方について、真面目な考察が、毎号、掲載されている、いわゆる経営者の方々がよく読まれておられる雑誌です。

私も、個人事業主とはいえ、事業をしている身、勉強は欠かせません。

この会に、出席しておられる方々が、また、素晴らしい。

真摯な姿勢で、学びあおうとされておられて、もちろん、経営者の方も多数おられます。

私は、この会に出席するため、毎月、有給休暇を使おうと決めた次第です。

毎月、グランシップの会議室で、行われるこの「致知の会」。

これからも、出席して、生きるとは、経営とは、しっかり学ぼうと思います。

明日は、午前二時に起きて、仕事です。

なので、これから、休もうと思います。

それでは、皆様、おやすみなさい。

パソコンcafeスマイルでレッスン中

DSC_0907.JPG今日は、オフなので、パソコンcafeスマイルにて、yummy先生のレッスンを受けています。

yummy先生のお教室は、シャンデリア輝く、素敵な空間。

オフホワイトの色調の中、気分も明るく、レッスンができます。

今日は、佐藤洋子研究室のホームページの更新と、メニューチラシを完成させるのが、レッスン内容。

私ができないところは、yummy先生が、サクサクと進めてくださっているのを見ています。

でも、そんな風に、yummy先生の作業を眺めるだけでも、すっごく勉強になっていて、いつの間にか、新しいことを覚えていたりします。

今日も、休憩時間は、フリードリンクのお教室で、楽しく学んでいます。

yummy先生は、初歩的な内容について、質問する私に、少しもいやな顔をしないで、親切丁寧に答えてくれて、うれしいです。

パソコン初心者ではないけれど、熟練しているわけではない私。

yummy先生は、私の強い味方です。

模様替えをしました。

DSC_0906.JPG新月の日に部屋の模様替えをするのが、習慣になっている私ですが、今回の新月の日は、作成すべき鑑定書を三冊抱えていたため、二日たった昨夜、(模様替えを)行いました。

カーテンを替え、ベッドシーツを替え、お掃除もしたら、気分が変わり、なんだか、良い感じです。

新月のお願いも、このごろは、その日のうちに書くことができず、二日ほどたってから「満ちゆくお月様へ」という書き出しで、お願いを書いている私。

でも、お月様は慈悲深くて、そんな私の願いを着々とかなえてくださっています。

ところで、最近、親しくなった方の中に、天使とつながることのできる女性がいます。

私は、自分のことを、誰か、他の占い師に占ってもらったりは、あまりしないほうですが、天使のメッセージを受け取れるなら、と思い、その女性・cosmic美保さんに、セッションをお願いしてみました。

美保さん、天使とつながっているだけでなく、アカシックレコードにコンタクトできるのか?と思うくらい、宇宙とダイレクトにつながっている女性です。

なんせ、クライアントの前世も見ることができるのですから。

そんなわけで、私の前世についても、美保さんに、見てもらいました。

エジプトで、太陽のエネルギーを地上に降ろす、神官だったらしいです、私。

「え?月じゃないの?」

現世で、月の光に、強く惹かれている私の、素直な感想が、これでした。

セッションの最中、美保さんは、何度も「まぶしい、太陽の光がまぶしすぎる」とおっしゃっておられました。

私、太陽の光にも、縁が深かったんですね。

ちょっと、意外で、びっくりしたセッションでした。

さて、模様替えに、話を戻しましょう。

ダイエットに良いということから、寒色系のファブリックでまとめた部屋にしている私。

冬の間は、いかんせん、寒々しくて、ちょっとつらかったというのが本音です。

でも、春になって、暖かい日がやってくると、この寒色系の部屋、なかなか、良いです。

お掃除をマメにすることは、開運行動なんですよ。

だから、新月の日に、模様替えをして、お掃除をする習慣を守っているのです。

模様替えのために、何パターンかのファブリックを持っている私のクローゼットの中は、ピンクだったり、イエローだったり、替えのカーテンやベッドシーツが結構場所をとっています。

仕事にまい進したいときは、イエロー系の部屋に、愛情麺での幸運を望むときは、ピンク系の部屋に、と使い分けています。

今回、青系のファブリックも入手したことで、赤(ピンク)、青、黄色の3パターンの部屋にできるようになり、新月のたびに、ファブリックを替えて、楽しんでいる私です。

今回の模様替え、ちょっと、時間はかかりましたが、してみてよかったな、と思いました。

おやすみなさい(春の足音)

DSC_0899.JPG鑑定室のお雛様をしまい、桜の花の縮緬細工を飾りました。

春の足音が、聴こえて競うな、縮緬細工です。

河津桜は、咲いていますが、ソメイヨシノが咲くにはもう少し、時が必要ですね。

私は、河津桜の濃いピンク色も良いな、と思いますが、やはり、ソメイヨシノの、淡いピンク色が好きです。

桜の花は、散る姿が、潔いと、愛でられますね。

咲いている姿も、素敵なのに、散る風情を評価する日本人って、やはり、もののあわれというものに惹かれる民族なんでしょうか?

DSC_0902.JPG

そうそう、鑑定室のお香立ても、桜の柄のものにしました。

鑑定室では、タロット占いをするとき、必ず、お香を焚くのですが、お香立ては、全部で四種類の絵柄があります。

梅、桜、朝顔、紅葉の四つです。

最初は、梅だけを使っていた私ですが、季節ごとに、お香立てを変える楽しみに勝てず、銀座鳩居堂の貝合わせのお香立てを、全部、揃えてしましました。

贅沢なことと思っていますが、お客様をお迎えする部屋のものなので、良しとしています。

自分のことには、そんなに贅沢はしないんですけどね。

桜の花、待ち遠しいですね。

桜が咲いたら、咲いたで、ゆっくりお花見をする時間を持てない自分が恨めしい気持ちもしますから、人間は、わがままですね。

無心に咲く、花の風情を、静かに楽しむ気持ちでいたいものです。

それでは、皆様、おやすみなさい。

おやすみなさい(第二鑑定室開設延期のお知らせ)

第二鑑定室を静岡市呉服町に、開設するとのお知らせをいたしましたが、さまざまな事情から、延期となりました。

当面は、第一鑑定室こと、佐藤洋子研究室(静岡市葵区大岩の自宅鑑定室)にて、鑑定を承ります。

また、古庄のシミーズコレクションさんでも、鑑定を承りますよ。

現在、三月下旬から、鑑定のご予約が可能です。

3ヶ月占いが、最近、ご好評をいただいている占いです。

向こう3ヶ月の運勢を、カバラ数秘術と西洋占星術で出しています。

鑑定書をおつくりするコースは、ご一緒に鑑定書を読み解く時間は、追加料金をいただきません。

なので、ゆっくりと、お話しをされたいお客様には、お勧めです。

さて、私は、現在、鑑定書のご依頼を、多数承っており、明日の朝、4時起きして、おつくりしようと思っています。

書面鑑定のお客様のご予約の合間に、対面をご希望のお客様も承っておりますので、現在、火曜日と金曜日のご予約は、かなり密です。

私のコンディションを保つ必要から、やや、ゆとりをもたせて鑑定時間をお取りしていますので、1日に4名様までとさせていただいています。

もう少し、私のキャパシティが追いつきましたら、1日5名様以上の鑑定をできるようになると思います。

お待たせして、恐縮ですが、精進いたしますので、ご容赦くださいませ。

それでは、明日の早朝の仕事のために、休もうと思います。

皆様、おやすみなさい。

1