• ホーム
  • カバラについて
  • 西洋占星術について
  • タロットについて
  • 鑑定の流れについて
  • 鑑定料について
  • プロフィール
  • アクセス
  • お問い合わせ

2013年9月

来年のムーンダイアリー、入手しました。

DSC_1123.JPG昨日、仕事の帰りに、本屋さんに寄って、ムーンダイアリーを入手しました。

これで、来年の準備は、ほぼ半分、終了。

あとの半分は、干支の置物と卓上カレンダー、そして、年賀状と年賀切手の入手です。

もちろん、年末の大掃除とか、そういうことも入れなくちゃですが、当面、新たに買うものの準備という意味では、半ばにきたかなと。

今日は、9月の末日ながら、暑い日でしたね。

私は、今日、久々にオフらしく、オフを過ごしました。

朝と昼のおかずは、私が作って、午後には、仮眠もとってしまいました。

この頃、少し、睡眠不足でしたので、イレギュラーな時間に休んだのに、ぐっすりでした。

午後4時に、起きて、アイロンかけをして、もうじき、まる2年になるサブワークで着ていた、ワイシャツに不具合を発見。

薄くなって、やぶれそうな感じになっているワイシャツの生地に、2年の歳月を感じました。

明日、仕事帰りに、近くの紳士服店で、ワイシャツを新たに3着、購入予定です。

毎日、サブワークに出かけて、帰ってからは、夜、電話やスカイプで占いの仕事。

びっしり、仕事漬けの毎日ですが、不思議と不満やストレスはありません。

きっと、好きな仕事をしているからでしょう。

以前は、サブワークと本業の占いの収入が逆転していることが悩みでしたが、現在は、そのねじれも解消されました。

あとは、もっと、良い仕事をするためにも、生活のリズムを整えなければ。

私は、月の満ち欠けに合わせて、生活をしていますので、生活リズムを保つ意味でも、ムーンダイアリーは必須です。

来年のムーンダイアリーを見ながら、現在、新しい手帳に、新月、上弦の月、満月、下弦の月を記入中。

もうすぐ、スカイプ鑑定の時間です。

頑張ります。

来年の準備、始めました!

DSC_1122.JPG来週は、もう、10月なんですね。

この季節になると、来年のカレンダーや、手帳が、書店や文具店で、見られるようになりますね。

私が愛用している手帳(一か月はカレンダータイプで、一週間は見開きになっているもの)は、人気があって、早いうちにゲットしないと、その種類はなくなってしまいます。

なので、早々、購入しました。

明日は、ムーンカレンダーが書店に入る日です。

仕事の帰りに、書店に寄って、松村潔さんのと、岡本翔子さんの、二種類、購入します。

来月にはいったら、干支の置物、ゲットです。

そして、いつも、11月にならないと、店頭に並ばない、鳩居堂の絵葉書は、その時期になったら、素早く確保します。

鳩居堂の絵葉書で、手書きの年賀状を送る私は、11月の中旬から、毎日、枚数を決めて、コツコツ、書き出します。

お年玉付きの年賀切手で、お楽しみも付け加えます。

こうして、考えると、10月近くなると、もう、来年のこと、否応なく考えてしまいますね。

気が早い?

しかし、私は、10月4日ころから31日にかけてが、お月様にお願いするのに、最大パワーの周期に入ります。

その時期だけは、いつもは、新月様にお願いするとき、二件から十件までとされているお願い事の数が、最大四十件まで、お願い可能になるのです。

その時期と、来年の準備の時期が重なることは、来年にむけての抱負をどうしても、考えてしまう一因でもあります。

私の来年の目標は、一年で1,000名様を鑑定することです。来年から10年かけて、10,000名様突破を目指します。

ちなみに、その最大パワー周期は、人によって違い、ホロスコープの11室に太陽がはいった時期が、その時期となります。

ジャン・スピラーさんのホームページで確認することができますよ。

さて、そんなわけで、私は、着々と、来年の準備をしつつ、毎晩、鑑定のお仕事にいそしんでいます。

今夜も、22時から、スカイプ鑑定です。

頑張ります!

佐藤洋子、サブワーク、続けます。

DSC_1120.JPGこの頃、夜の時間、電話鑑定や、スカイプ鑑定で、予定がぎっしりです。

占い師の仕事が本業で、占い三昧の日々を送ることは、以前からの希望でした。

それが、実質的に叶いつつあり、経済的状況も改善されてきています。

仮に、同じような状況に置かれたら、本業に専念することを、この段階で、考えるという方もいるんじゃないかな?

しかし、私はそうは考えないんですね。

占いの仕事が忙しい今だからこそ、ふつうの感覚を忘れないためにも、サブワークは続けようとも思います。

社会性を失いたくないという側面もあります。

時給で、働くこと、フルタイムで働いて、一日が終わると、結構、足腰がきつかったりすること、そんなことまでもが、私の占い師としての仕事にプラスだと思っています。

ただ、申し訳ないのが、対面鑑定をお望みのお客様のご要望に、なかなか、対応が難しいことです。

サブワークの休日に、対面鑑定を承っていますが、週に二日しかないうえ、平日ですから、ご不便をおかけしています。

本当に申し訳ございません。

ただ、サブワークを通して、修行することも、私がもっと、良い占い師になるために、とても必要なことですので、ご理解いただければ、幸いです。

今日は、もうじき有料化される、レジ袋を、余分に欲しいとおっしゃるお客様に、申し訳ないけれど、余分には差し上げられない旨、お伝えしたため、「なんだ、こいつは」呼ばわりされ、ちょっと、心が傷つきました。

スーパーの店員をしていますと、お客様のちょっとした、わがままや、上から目線のお振舞に、日常的に遭遇します。

最初は、つらいと思ったこともありましたし、今日のように、まだ、心がやわなので、傷ついたりしています。

でも、そういったひとつひとつが、とても大切なことと思っています。

私にとって、サブワークは、必須です。

これからも、フルタイムでサブワークを続けながら、本業の占いも発展させていきます。

よろしくお願いいたします。

赤い薔薇の花、見守ってくれています。

DSC_1118.JPG鑑定室にお花を絶やさないわけは、鑑定室の気を高めた状態を保ちたいからです。

そして、今夜もスカイプ鑑定を行っておりますが、対面鑑定も忘れたわけではありません。

対面のお客様よりも、現在、電話やスカイプのお客様が増えているのは事実です。

なので、夜、夕食のあとは、鑑定室にこもりきりという毎日です。

でも、対面鑑定をご希望のお客様には、サブワークがお休みの日に、ご予約を承っておりますので、よろしくお願いいたします。

対面のお客様を、いつお迎えしても良いように、お花を常に飾っている私です。

今日のお花は、赤い薔薇。

恋愛、結婚運を援護してくれそうな色のお花ですね。

また、情熱的に仕事を進めたい方にもお味方になってくれそうです。

その意味で、私の今を応援してくれているようにも思えます。

お花を飾っていると、心が豊かになっていくような気がします。

実際には、豊かさをもたらしてくれているのは、お花のエネルギーで、自分は何をしているわけでもないのですが・・・。

でも、そのお花を買って、花瓶に飾ったのは私の手ですから、自分が引き寄せた豊かなエネルギーと言えそうです。

何にしても、お花を飾り続けられる、今のお仕事の状態、ありがたいです。

頑張って、良い仕事を続けられるよう、日々、精進いたします。

それでは、次のスカイプ鑑定の時間が迫ってきましたので、この辺で。

スカイプ鑑定を見守る、オレンジの薔薇の花

DSC_1112.JPG今夜も、自宅鑑定室で、電話・スカイプ鑑定です。

声と画像が頼りの電話・スカイプ鑑定にトライしている私の傍らで、オレンジ色の薔薇の花が、エールを送ってくれています。

鑑定室と玄関には、お花を絶やさないようにしている私。

今夜は、オレンジの薔薇の花です。

ちなみに玄関は、リンドウの花。

実際、鑑定をしていて、お花が元気に咲いてくれていると、調子が良い気がしています。

おそらく、それは、気のせいではなく、お花の放つ、エネルギーを私の感覚がキャッチしているからだと思います。

今夜のお客様も、他県の方です。

さきほど、facebookにも書いたのですが、電話・スカイプ鑑定を行うようになってから、他県からのお客様が増えました。

距離の壁を、電話・スカイプ鑑定は、あっさりと超えてしまうのですね。

こういった形の鑑定が増えてくると、対面鑑定のありがたみが身に沁みます。

なぜって、目の前にお客様がいらっしゃることから、いただける情報量が圧倒的に多いからです。

どちらも、私には大切な鑑定です。

それでは、今夜も、鑑定、尽力いたします。

「杖の10」的状況な今です。

img138.jpgタロットをご存じない方も読んでくださっているかもしれないのに、このタイトル、ちょっと、傲慢でしょうかね。

なので、画像もアップしましたよ。

まさに、この「杖の10」のカードの絵柄のように、仕事にプライベートに、いっぱいいっぱいな日々です。なぜ、そんなに忙しくなったのか?

それは、自宅で、夜の時間も、電話やスカイプで鑑定を承っているからです。

ほぼ、毎日のことなので、ゴールデンタイムのテレビをリアルタイムで観ることがなくなりました。

それだけ、占い師に直接会うことに、プレッシャーを感じるお客様が、たくさんいらっしゃるということなのでしょう。

占い三昧の日々は、私のかねてからの、願望でしたから、それが叶い、嬉しいです。

ですから、今の状況を、「杖の10」で語るのは、おかしいんですよね。

 

 

 

img041.jpgむしろ、「カップの9」的な状況と言えるのですから。

ただ、体が一つ、仕事が二つ(本業の占いとサブワークのスーパーの仕事ですね)、そのどちらも、手を抜かないでやっていくことって、結構、ハード。

仕事に尽力するのは、当然のこと。

でも、ペース配分を考えないと、続かないかも、と思い始めた私でもあります。

家族(母とトラちゃん)の協力があってこそ、成り立つ、夜の鑑定です。

お客様が自宅鑑定室にお見えではないので、その分、母の気疲れも少ないのですが、いつも、何かとかまってもらえていた、猫の虎之介は、鑑定室にこもりきりの私が不満のようです。

鑑定中に、鑑定室の扉の向こうで、「わーん、わーん」とおおきな声で啼いてみたりしています。

そう、うちの猫、トラちゃんは、「わーん」と啼くのです。

基本的に、電話もしくはスカイプ鑑定に入る30分前には鑑定室入りする私ですが、その時点で、夕食、お風呂もしくはシャワーを済ませ、あとは寝るだけという状況にしてから、仕事に入ります。

実際、鑑定が二人、三人と続く日もあり、そんなときは、最後の鑑定のメモをとったら、すぐ、隣の自室のベッドに倒れこむように休んでいます。

電話、スカイプ鑑定に、使われるエネルギー、半端ないです。

でも、すっごく勉強になります。

これからも、力をつけて、良い占いをしていこうと思います。

1