• ホーム
  • カバラについて
  • 西洋占星術について
  • タロットについて
  • 鑑定の流れについて
  • 鑑定料について
  • プロフィール
  • アクセス
  • お問い合わせ
ホーム > 佐藤洋子の開運カバラ生活 > 不思議体験と開運 > 「今がベストのタイミング」を逃さないために
佐藤洋子の開運カバラ生活

「今がベストのタイミング」を逃さないために

DSC_1262.JPG物事には、それを行うのに、ベストなタイミングというものがあります。

そして、そのベスト・タイミングな瞬間が訪れた時、天(というか、神様というか、守護天使というか、大きな力のことです)は、ちゃんと、そのシグナルを送ってくれています。

そのシグナルを受け取って、ベストなタイミングで物事を成し遂げた時、人は、偉業を成し遂げることができるのだろうと思います。

偉業とまではいかなくても、なにか、良い流れにのっかることは、すべての人に与えられているチャンスです。

最近、あることに関して、私は、「あれがシグナルだったか!」と、気づくことがありました。

それは、ありがたいことに、お客様の鑑定ご依頼のお電話をいただいた後に、訪れました。

その日、私が鑑定のご依頼を受けたのは、二件目のことでした。

そして、翌日の午前と午後に一件ずつ、鑑定のご予約をいれて、ふと、「お花を新しくしたい」と思いました。

そのとき、私は、連日の睡眠不足を補うために、仮眠にはいったところで、うとうとしていたら、お客様から、お電話をいただき、飛び起きたのでした。

玄関と鑑定室のお花が、今が盛りのピークであることに思い至り、花屋さんに赴く必要性を感じましたが、その日の予定では、夕方に花屋さんに行くことが可能でした。

しかも、私は仮眠をとらないと、かなりグロッキーな状態で、お電話を切ったあと、すぐに仮眠に入りたい気持がしていました。

「夕方、行けるし」と思った時、すかさず、「いや、違う、今、行かなくちゃ」という言葉が頭に飛び込んできました。

そう、飛び込んできたのです。私が思いついたというより、上の方から飛び込んできた感じです。

そして、私は、すぐに、徒歩20分かかる、お花屋さんに向かうことにしました。

お花屋さんにつくと、そこには、仕入れたばかりの元気な薔薇の花が待っていました。

さらに、奥から、「これから出すところだけど・・・。」と言いながら、お店の方が黄色い薔薇の束を持ってきてくれます。

何度も訪れている、そのお店ですが、まさに、活きの良いお花を取りそろえたばかりというタイミングでした。

いつものように、百合と薔薇を購入して、すぐさま、帰路についた私です。

そして、家に着くと、ほどなくして、新しいお客様から、お電話をいただき、その日の夕方から夜にかけての、ご予約をいただきました。

そう、お花を買う前には、入っていなかったご予約が入って、夕方に、花を買うという行動は不可能になったのです。

もしくは、お花を買うために、せっかくの鑑定ご依頼を後日に回すか、失うか、するところでした。

あのとき、「いや、違う、今、行かなくちゃ」と頭に飛び込んできた、その言葉に従わなかったら、結局、お花は変えず仕舞いで、翌日のお客様を、お花なしでお迎えしなくてはならなくなるところでした。

あの、「今、行かなくちゃ」という言葉、あれがシグナルだったのです。

そして、私は、そのシグナルの通りに行動して、ベストなタイミングで、活きの良いお花をゲットし、さらに、新しい鑑定ご予約まで、承ったのです。

今回のシグナルは、頭に飛び込む言葉という、非常にわかりやすいパターンでしたので、私も素直に従うことが出来ました。

また、これから仮眠を取ろうという、非常にリラックスした状態で受け取ったことも、シグナルを逃さないために、良いことでした。

こんな風に、天は、私たちに、常に、「今がベストだよ」と、シグナルを送り続けてくれています。

それを受け取って、即、行動に起こす人が、もっと、増えたら、世の中がもっと、潤滑な流れになっていくのじゃないかしら、と思う私です。

なので、皆様に、お願いしたいのは、シグナルを受け取りやすい状態をキープしていただけないか、ということです。

どんな状態がシグナルを受け取ったり、そして、シグナルと気づきやすいかと申しますと、単純さ、素直さを、ご自分の中に持つことが大切です。

そして、常日頃から、シグナルにウエルカムというお気持ちをお持ちください。

素直な人ほど、そして、天からのシグナルを歓迎するお気持ちのある人ほど、シグナルは届きやすくなります。

今後のブログで、シグナルには、どんなパターンがあるか、など、おいおい、お話しさせていただきます。

まずは、素直さをお持ちくださいませというのが、今回のメッセージの主題でした。

それでは、また、ブログでお会いしましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sato-yoko-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/218