• ホーム
  • カバラについて
  • 西洋占星術について
  • タロットについて
  • 鑑定の流れについて
  • 鑑定料について
  • プロフィール
  • アクセス
  • お問い合わせ

2014年3月

スピリチュアル・リーディングの会、開催日決定

070702_1944~01-s.jpg我が家にやってきたその日のトラちゃんの画像でお送りしますのは、スピリチュアル・リーディングの会、開催日が決定しましたので、お知らせのブログです。

私ともうひとり、合わせて二人が、スピリチュアルな視点でお話しをさせていただいたり、参加してくださった方々の、体験について、スピリチュアルな観点からの読み解きをさせていただく、この会。

以下のような内容でお送りする予定です。

参加申し込み、受け付け中です。

名称 「スピリチュアル・リーディングの会」

日時 2014年4月22日(火)11:30~14:30

場所 静岡グランドホテル中島屋 2F テラスレストラン(中島屋専用の有料駐車場有り)

会費 3000円プラス1000円→合計4000円(1500円相当のランチ付き)

ランチの内容は、「本日のスープ、季節のフレッシュサラダ、メインディッシュ(肉or魚)、パンorライス、デザート、コーヒーor紅茶」です。

会費は、当日、お持ちください。

人数に限りがございますので、お申し込みの際は、お早めにお願いいたします。

スピリチュアルなことに関して、ご質問がおありでしたら、お問い合わせフォームから、お知らせください。

プログラム
第一部(11:30~12:30) ランチタイム
第二部(12:30~13:15) 「日常生活の中で、天からのメッセージをより上手にうけとるために」
第三部(13:15~14:00) 「氣の発動について」
第四部(14:00~14:30) フリートーク

お問い合わせ、お申し込みは、佐藤洋子研究室のホームページのお問い合わせフォームから、お願いいたします。

それでは、皆様、よろしくお願いいたします。
 

スピリチュアル・リーディングの会・続報

070715_1257~01-s.jpgちょっと、ちびの頃の、お眠りトラちゃんの画像で、今夜は、四月に開催予定の、「スピリチュアル・リーディングの会」についての続報をお送りしますね。

以前、このブログで告知させていただきました、「スピリチュアル・リーディングの会」。

スピリチュアルな視点で、日常の出来事を、見つめなおすことで、何か大切な気づきがあるかもしれませんね。

そんな気づきのお手伝いが出来たらと思い、この会を企画しました。

プログラムについては、現在、最終の詰めをしているところです。

名称 「スピリチュアル・リーディングの会」

期日 2014年4月21日(月)~4月25日(金)までの5日間の中の一日を予定
    (申し込み時に、上記期日の中で、ご都合の悪い日、お知らせください)

時間 11:30~14:30

会場 静岡グランドホテル中島屋 テラスレストラン(中島屋専用の有料駐車場あり)

会費 3000円(ランチ付き)プラス1000円→合計4000円

以上が、概要になります。

参加ご希望の方は、このホームページのお問い合わせフォームから、お申し込みください。

今回は、初回ということで、1500円相当のランチを、1000円でお召し上がりいただけます。

ランチの内容は、「本日のスープ 季節のフレッシュサラダ メインディッシュ(肉or魚をお選びいただきます) パンorライス デザート コーヒーor紅茶」となります。

このブログアップをもって、ご予約開始とさせていただきますので、4月21日~25日の中で、ご都合の悪い日をお知らせください。

日が決まりましたら、お申込みの方には、お知らせいたします。

会費は、当日お持ちください。

人数に限りがございますので、お申込みは、お早めにお願いいたします。

なお、最低開催人数に満たない場合は、会の開催を取りやめることもございますので、ご了承ください。

この会において、開催者に(スピリチュアルな事柄に関する)質問など、ございましたら、このホームページのお問い合わせフォームから、お問い合わせください。

プログラムは、開催日が決まりましたら、ブログ、facebook等で、お知らせいたします。

その時点での参加申し込みも承ります。

以上、「スピリチュアル・リーディングの会」についてのお知らせでした。
 

花育・ハートフラワーセラピーを受講しました。

DSC_1320.JPG深津美穂先生の花育・フラワーハートセラピーのお教室に来ています。

心理学的な観点で、フラワーアレンジメントを造りました。

楽しいです!

と、ここまでが、受講しながら、記したブログです。

これから先は、帰宅した私が、今夜の感想を記したいと思います。

深津美穂先生は、プロフェッショナル心理カウンセラーにして、花育インストラクター、フラワーハートセラピストでいらっしゃいます。

19:00開始のこのセラピーに、私は18:30開始と勘違いして、会場にお邪魔してしまいました。

美穂先生がいらっしゃり、ご挨拶させていただいたあと、体験レッスンの私に、美穂先生は、どんなアプローチでこのレッスンをされているのかを、説明してくださいました。

そして、悪天候の中、ぞくぞく、生徒さんがやってこられ、セラピーが始まりました。

エゴグラムという交流分析の手法を用いた自己分析を行い、その分析結果に従って、お花をアレンジします。

詳しい内容については、受講された方が良いと思いますので、講義内容についてはこのくらいにさせていただきますね。

DSC_1319.JPGこのセラピーを受けて、私は、五感がとても喜んでいるな、という感覚になりました。

花を触り、ほのかな花の香りを感じ、花の色を楽しみ、軽快なBGMを楽しみました。そして、何より、アレンジメントが出来ていく過程が、とっても楽しかったです。

最初の画像が、私のつくったアレンジメントです。

青系の花を中心にしたのは、私に合理的な面が欠けているからです。そして、まわりを囲む白い花は、自分を主張することの多い傾向を抑えるために用いました。ピンクの花が、それらの橋渡しをしてくれているイメージです。

そして、緑の葉で周りを囲み、調和的な仕上がりになるよう、配慮したつもりです。

受講生の皆さんも、それぞれに素敵なアレンジメントを作られ、非常に和やかな雰囲気の中、セラピーが行われ、素敵な時間を過ごせました。

深津美穂先生、ありがとうございました。

皆様も、心のケアを、五感をフルに使ってなさると、とっても満足度が高いことを、体験されてみてはいかがでしょう?

NLPセミナーを受けてきました!

DSC_1309.JPG一昨日の火曜日の夜、私は、柴田弘美さんが主宰されている、NLPセミナーに参加してきました。

「NLPって何?」というレベルでしたが、セミナー告知の「話を具体化するコツ」という文言に、何か、ビビっとくるものがあり、参加を決めたのでした。

今、ネットで確かめたのですが、NLPとは、「Neuro Linguistic Programming(神経言語プログラミング)」の略だそうですね。

こういう略し方を、数秘術では、「ノタリコン」というのですよ♪なんて、つい、本業の知識が頭をもたげます。

「NLPは、1970年代のアメリカで、カリフォルニア大学サンタクルーズ校(UCSC)の言語学部で助教授のジョン・グリンダー博士と当時学生だったリチャード・バンドラー博士が共同開発したコミュニケーション心理学で、コミュニケーション・自己開発・心理療法に役立つ新しい学問です」と、ネットで調べてたどり着きましたが、比較的新しい心理学の一派なのでしょうか?

そんな、あやふやな状態で、いざ、受けてきましたが、結論から申し上げて、「うん、これは使える!」という感じでした。

私がこのセミナーを受講しようと思ったのは、やはり、仕事柄、お客様とのコミュニケーションを円滑にしたいという欲求が、常にあるためです。

お客様と、お話ししていて、お話しが堂々巡りされるということは、よくあることなので、本当にお話ししたいことを引き出して差し上げるスキルを身に着けたかったのです。

そして、はつらつとした柴田さんの進行で、受講生8名が、ワークを行う形のセミナーを実際に受けた私です。

これまで、私は、心理学に興味はあっても、あえて、その世界に踏み込むのを自分に禁じていました。

なぜかと言いますと、心理学の知識があるがために、目の前のお客様を、頭の中で、心理学的にどのようなタイプとか、そういう風に、分類してしまうことにならないか、心配だったからです。

しかし、私の鑑定をお受けになられたお客様はよく、こんな感想をおっしゃいます。

「洋子先生の鑑定は、カウンセリング的ですね」と。

そうなのかな?カウンセリング、学んだことないけどな?という感じの私です。

そんなこともあり、NLPセミナーで、自分がどう感じるのかが、非常に興味ありました。

セミナーの内容の詳細は、実際に受けてごらんになるのがベストなので、記しませんが、このセミナーを通じて、私は、自分の鑑定スキルをアップするヒントを得ました。

ありがたいことと思っています。

ご興味がおありでしたら、ぜひ、参加されますことをお勧めします。

吉日につき、鑑定室をプチ模様替え

DSC_1302.JPG今日は、大安吉日。

日が良いので、鑑定室の一部をプチ模様替えしました。

梅の絵柄の扇は、模様替え前の鑑定室です。

この扇、本物の舞扇です。

曾根田楽器店さんで、見つけて、購入しました。

私は、舞を舞う趣味はないけど、美しいものは、基本的にウエルカムなので、鑑定室に来ていただきました。

さて、お次の画像は、模様替え後です。

牡丹の花は、ちょっと気が早いかも、と思いつつ、すでに、端午の節句のお飾りを飾った鑑定室には、調和すると判断しました。

DSC_1305.JPG牡丹の花の花言葉は「富貴」。

素敵ですね。

お客様とともに、幸せに豊かになっていくイメージで飾りました。

我が家の庭には、初夏の頃、本物の牡丹の花が咲き誇ります。

お悩み、迷いがおありでしたら、牡丹の花の扇が、飾られた鑑定室に、お越しくださいね。

先日、この鑑定室にやってきたラピスラズリも、お待ちしていますよ。

それでは、また、ブログでお会いしましょう!

 

 

友人、知人は、自分の鏡です。

DSCN0652.JPG丸まっているトラちゃんの画像でお送りする今回のブログ、自分への自戒もこめた、やや厳しい内容になると思われます。

鑑定をさせていただいていますと、「私の周りには、つまらない人しかいないんです」とか、「あの上司は、本当におかしいんです」といった、人間関係に恵まれないことを嘆く言葉に遭遇することが多々あります。

そういったとき、先ず、私は、共感能力を使って、お客様のお心に寄り添うように努めます。

しかし、その努力は、あまり実を結ばないことが多いです。

お心の内に、自分を振り返ることを拒否する波動を感じ、共感し続けることができなくなるからです。

こういう言い方は、酷かもしれませんが、人間関係を形作っている大元は、ご自分の波長にあるのです。

周りにいらっしゃる方々は、ご自分の波長で引き寄せた人々なのです。

ですから、「つまらない人しかいない」とお思いならば、ご自分がそういう人になっていないかを、警戒、もしくは反省する必要があるでしょう。

また、「おかしい人」がそばにいる、というのは、その人の異常さを、お許しになっている自分自身がおられることに気付くべきでしょう。

人間関係は、ご自分が出している波長で形成されますから、友人、知人といった近しい人々をよく観察すると、ご自分がどんな生き方をしているか、自ずと見えてくるはずです。

ただ、「上司さんとか、職場の同僚というのは、自分ではどうしようもないでしょ?」という声も聞こえてきそうですね。

そうでしょうか?

「職場の上司さんが横暴である」と訴える方々に共通したテイストを、実は、私は感じています。

よく言うと、相手を立てることを知っている方々、です。

そして、相手を立てた結果、相手の横暴を許す結果になってしまった、というのがその主張です。

しかし、相手を立てているのは、その人自身を尊重しているから、というより、相手のポジションに対して、敬意を払っている、もしくは、(厳しい言い方をあえてするならば)へつらっているのです。

上司の方からすると、自分という人間にではなく、ポジションにへいこらしているだけなのだ、というむなしさがあるわけです。

「だから、多少の無理は通させろ」となってしまうなら、その上司の方も、欠落していますね。

お互い、欠落した同士、会うべくして会っているとも言えそうですよ。

ならば、どうすればいいの?とお思いですね?

やみくもに相手を立てた結果、横暴な振る舞いを許すことになったのですから、そもそも掛け違えた地点まで、意識を戻す必要があるでしょう。

ただ、上司の方には、職権というものがあり、気に入らない人間を飛ばすとか、そういった暴挙にでる人も、中には存在するため、この問題は、やっかいです。

心をつくして話せば、通じると言えたら、どんなにか良いと思いますが、人間には立場の威力を自分の力だと錯覚する弱さがあり、改めるべき点を指摘されて、逆上する人はその典型と言えるでしょう。

そう考えた時、なるほど、職場での人間関係は、理不尽なことも存在しますね。

「すまじきものは宮仕え」と、古(いにしえ)の人々が言っているのは、今も昔も、怨憎会苦(おんぞうえく・嫌いな人に遭わなければならない苦しみ)が人間の八苦の一つだからかもしれませんね。

さて、人間関係は鏡だと、よく言われます。

「私には、ろくな友人がいない」とおっしゃられるのは、先ほども述べましたが、「自分はろくでもない人間だ」と言っているようなものです。

人と人は、同じ波長をもった同士でなければ、縁というものでつながれることはないのです。

縁のある人というのは、多かれ少なかれ、ご自分と同じ波長を出している人であるとお思いになったほうが良いでしょう。

もし、「え、あの人と一緒の部分が、私に?」とショックを感じる人間関係をお持ちなら、なぜ、その方とのご縁をつづけているのでしょうか?

そうお思いになる時点で、その方とのご縁は、良縁ではないでしょう。

悪縁とまでいかなくても、必然性のある関係ではないのかもしれませんよ。

友人、知人は数を誇るものではありません。むしろ、その質に着目すべきでしょう。

少なくとも心から信頼し合える人を持っている人と、信頼関係にない友人、知人を多数持っている人、どちらがお幸せでしょうか?

ですから、今回のブログで、私が申し上げたいことは、人間関係に悩んだら、まず、ご自分のあり方を見つめなおしてくださいということです。

そして、良縁とは言い難い縁であるならば、断ち切る強さをお持ちくださいとも申し上げましょう。

人を変えようというのは傲慢です、変わってほしい人と縁をつないでいること自体が間違っているのかもしれませんよ。

さて、少々、厳しいことも申し上げましたが、ぜひ、ご自分の周りの縁を良縁でいっぱいにされることを、お祈りしています。

それでは、また、ブログでお会いしましょう。

トラちゃん、猫パンチ炸裂中(直観は使うことで磨かれる)

DSCN0670.jpgちょっと、手振れ写真ですが、トラちゃんの猫パンチの瞬間をパシャッと撮影しました。

猫の写真を撮るのに夢中な私と、嫌がって、猫パンチする我が家の末っ子の猫・虎之介。実に平和な佐藤家の朝です。

ごめんね、嫌そうな顔してても、しつこくシャッターチャンスをねらったりして。

かわいくて仕方ないので、なんとか、ベストショットを撮影したいと思ってしまう私です。

さて、そんな風に始まった今日と言う日ですが、午前も午後も、実は電話・スカイプ鑑定のご依頼を承っております。

ありがたいことです。

お電話やスカイプでの鑑定は、始めたばかりの頃は、非常に緊張しましたね。

今も、緊張しますが、初めのころのようなガチガチではないので、半年の経験でも、ものを言うのだなと思います。

お顔が拝見できない方も多いので、声のトーンや、間の取り方など、感じ取れるものは貪欲に感じ取ろうとした半年間でした。

そのせいか、この頃、直観に従うと、非常に結果が良いという現象が起き始めています。

私は、直観型の占い師ではないと、自分のことを思っていましたが、実は、直観が働き始めています。

毎日、少なくとも2人は、鑑定させていただいていることが、常に感覚を研ぎ澄ますことにつながり、その結果、直観の恵みにあずかれるようになったということでしょうか?

先日、ブログにもお書きしましたが、とっさの判断で、ベストな選択をしていることが多くなっているのです。

そして、そんなときは、ポーンと、頭の中に、言葉やイメージが、飛び込んでくる感じです。

2月から3月にかけて、他家に嫁いだ姉と姉の家族の誕生日ラッシュのため、我が家では、毎年、お祝いに、お菓子を贈ることにしています。

初め、姉の家と、すでに嫁いだ姪っ子の家には、別々のものを送る計画をしていました。

しかし、いざ、買う段になって、なぜか、両家とも、鞠福(まりふく)という、雅正庵さんの、抹茶大福のセットが良いような気がして、ふた処に鞠福を贈りました。

その姪っ子には、まだ幼い子供が二人いますので、カステラみたいなものにしよう、と母と話していたにもかかわらず、ふと「依ちゃん(姪っ子の名前)にも、鞠福がいいかも」と思ったのです。

そして、「届いたよ」という知らせを電話で受け取ったとき、初めて、嫁いだ姪の大好物が大福であったと知りました。

姪っ子の好物を何も知らない私でしたが、ふと感じたことを実行して、結果的に彼女の大好物を贈ることになったのでした。

過去にも、友人の誕生日プレゼントに選んだ品が、その友人がコレクションしているものだったとか、何も知らずに、お土産を友人に持っていったら、その友人が久しく食べていない大好物であったとか、そんなことは、しばしば起こります。

おそらく、大切な人だと思って、一生懸命、相手のことだけを考えているため、そういう不思議なことが引き寄せられるのでしょう。

これは、大切なお客様にも発揮されるべき能力ですね。

お客様にとってベストな提案をすることのできる占い師になるためにも、直観を磨こうと思います。

それには、まず、日ごろから、直観を使う場面を増やすことです。

精進しますね。

ラピスラズリ、鑑定室に初お目見え

DSC_1299.JPG本日、新静岡セノバ近くのパワーストーンショップ・龍晶(ロンジン)さんで、手のひら大のラピスラズリに出会い、一目ぼれして連れ帰った私です。

画像がそのラピスラズリです。

きれいなラピスでしょ?

ラピスと言えば、数あるパワーストーンの中でも、最強の石とされていますね。

私は、今まで、ラピスよりも、水晶系の石に親和する感覚をもっていましたが、今日は、このラピスラズリに、とても惹きつけられました。

私の中でも、何かが変化しているようです。

この頃、強さとか受け入れる力とか、そういったことに関するブログを書いていたことから推測するに、自分の中にある何かが目覚めようとしている感じです。

もちろん、この石は、鑑定室にいてもらいますので、お客様のことを強力にサポートしてくれるでしょう。

開運空間を目指して、良いものを取りそろえた鑑定室ですが、このラピスラズリが加わって、さらにパワーアップしています。

良い鑑定ができるよう、尽力しますね。

お悩みや迷いが生じたら、私とともに、このラピスを思い出してくださいませ。

龍晶RONJIN
静岡市葵区鷹匠1-14-1
メビウスビル1F
TEL 054-272-3323
営業時間 11:00~20:30

吉日につき、季節を先取りしました!

DSC_1291.JPGひな祭りが終わったので、桜の縮緬細工も飾りつつ、メインは、端午の節句のお飾りを、鑑定室にセッティングしてみました。

気が早いとお思いの方もいらっしゃるでしょうが、季節の先取りは、開運アクションなんですよ!

今日は、大安吉日。

お部屋の模様替えには良い日です。

なので、鑑定室では、お飾りを替え、自分の寝室では、カーテンとシーツを替えました。

う~ん、気分一新!

兜飾りを中心としたセットは、以前、伊勢丹で、一目ぼれして購入しましたが、その横の「夫婦鯉の滝登り」の縮緬細工は、JR静岡駅アスティ内・京都洛風さんで、昨日、購入しました。

これも、一目ぼれに近いかな?

「鯉の滝登り」のモチーフは非常に縁起の良いものとされますから、「これからも、仕事、頑張ろう!」と思って、購入を決めました。

でも、よく見ると、この鯉、夫婦の鯉なんですね。

ということは、恋愛・結婚で、お悩みのお客様のお力にもなってくれそう。

何と言っても、恋愛・結婚に関するお悩みは、ダントツですから、良いものを購入できたようですね。

京都洛風さんでは、これまでも、数々の縮緬細工を購入してきましたが、今回も、大満足!

私が三つの荷物をもっていたのをご覧になった店員さんが、「一緒にお入れください」と、大きな袋を下さって、なんだか、ほっこりしました。

良い店員さんがいらっしゃるお店なので、気持ちよく、お買いものができる点も、縁起物の購入には、最適のお店です。

昨日は、ほんとに良い日でした。

今日も良い日にいたしましょうね!

それでは、また、ブログでお会いしましょう!

京都洛風静岡店
〒420-0851
静岡市葵区黒金町46番地 アスティ静岡
TEL 054-252-5501
営業時間 10:00~21:00

 

 

カフェスタジオ@シズオカさんのこと

DSC_1286.JPGカフェ スタジオ@シズオカさんで、イタパンというメニューをいただいています。

パンケーキに、ピザ的なアレンジをしたメニューです。

いただきます!

と、ここまでが、私がお店で書いたブログですね。

これから先は、このカフェスタジオ@シズオカさんへの思いをつづろうと思います。

こちらのお店は、静岡市鷹匠・北街道沿いにある、パンケーキの美味しいお店です。

私は、このお店に、コンサートやライブの企画をしている友人と初めて来て以来、何度も足を運んでいます。

占い師のお友達とランチをいただきに来たこともありますし、母とお茶しに来たこともあります。

大切な人に、良い気分になっていただきたいとき、このお店を思い出すのです。

そして、一緒に行った人は皆、例外なく、気に入ってくれています。

パンケーキが美味しい、それだけでなく、このお店のスタッフさんたちは、とっても気持ちが良い方々なんですね。

昨日も、一人で来店した私を、いろいろな話題で、くつろがせてくださった高嶋さんというスタッフさん。心からのおもてなしをしていただけて、満ちたりた時間を過ごせました。

ブレンドコーヒーはおかわり自由なのですが、そのサイズ、結構、でっかいですよ。

コーヒーがお好きで、たっぷり、いただきたい方には、お勧めですね。

まだ、いただいていないメニューがたくさんある私は、このお店にこれからも、通うんだろうな、と思っています。

全部、食べてしまっても、きっと、通うと思います。

友人の企画した、このお店でのレストラン・コンサートの告知を、このブログでさせていただくこともあるでしょう。

以上、このお店でいただいてみて、あんまり甘くないパンケーキが大好きになった佐藤洋子のご報告でした。

カフェスタジオ@シズオカさん
静岡市鷹匠1-3-2
TEL 054-266-4804

1  2