• ホーム
  • カバラについて
  • 西洋占星術について
  • タロットについて
  • 鑑定の流れについて
  • 鑑定料について
  • プロフィール
  • アクセス
  • お問い合わせ
佐藤洋子の開運カバラ生活

雪ちゃん、危機一髪!

雪之介ちゃん1.JPGもう、大分、落ち着いてきたので、お話しできることですが、先月22日の夜、雪ちゃんが、かなり危機的状況に陥りました。

それは、私と糸の先についた、ネズミのおもちゃで遊んでいた時のこと。

ふとしたはずみで、雪ちゃんの尻尾に、ネズミのおもちゃがくるくるっと、巻き付いてしまったのです。

二回以上巻いて、巻き付いていましたので、なかなか取れません。

そのうち、雪ちゃんも、異常事態にパニックになり、走り回って、糸がプッツンと切れました。

でも、雪ちゃんの尻尾には、ネズミがくっついていて・・・。

糸が切れた拍子に、ギュッと強く巻き付いたらしく、雪ちゃんは、「フーッ」と怒り出しました。

私は、ネズミを取ってあげたくて、雪ちゃんに近づこうとしました。

しかし、雪ちゃんは、尻尾を太くして、私を威嚇します。

捕まえて、取ってあげるしかないので、さらに近づこうとすると、サッと逃げ、追いかけると家じゅうを逃げ回り、時々、こちらを向いてはフーット威嚇する雪ちゃん。

その晩は、一階と二階を二往復ほどした後、私も根負けし、応接間に雪ちゃんが入ったところで、ドアを閉め、応接間で一緒に、夜を明かしました。

雪ちゃんは、私が追いかけないとわかると、やや、落ち着いてくれ、そのうち、疲れたのか、母のライティングビューローの下で、眠りにつきました。

私は、雪ちゃんが心配だったので、ソファに横たわって、朝まで、一緒にいました。

翌日、彼をよく見たら、逃げ回った拍子に取れたらしく、もう、尻尾にネズミはついていませんでした。

以来、ネズミのおもちゃは封印していましたが、おとといから、一緒に遊ぶことにしました。

ネズミがピョンピョンすると、雪ちゃんが、目を輝かして追いかける、その感覚は、尻尾の事件があっても、消滅しませんでした。

最初は15分だけ。

次の日は20分間。

だんだん、時間を長くして、雪ちゃんの様子を見ていますが、トラウマにはなっていない様子。

今度は、尻尾に巻き付かないよう、細心の注意を払って遊んでいます。

フーッと怒った後、しばらく、私のそばに寄ってこなかった雪ちゃんですが、ここ、二、三日は、私がご飯をあげていると、再び、クンクンと鼻を、私の手にくっつけたり、前足をチョンと載せたりするようになりました。

でも、前足の肉球の感触とともに、ちょっとだけ、爪が出ているのは、「気を許しきっているわけじゃないからね」と、雪ちゃんが言っているようで、「もう、素直じゃないんだからぁ」と苦笑する私です。

雪ちゃん、これからも、いっぱい、いっぱい、遊ぼうね♪

それでは、また、ブログでお会いしましょう!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sato-yoko-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/283