• ホーム
  • カバラについて
  • 西洋占星術について
  • タロットについて
  • 鑑定の流れについて
  • 鑑定料について
  • プロフィール
  • アクセス
  • お問い合わせ
ホーム > 佐藤洋子の開運カバラ生活 > お知らせ > 「womo」2020年1月号に掲載されています!
佐藤洋子の開運カバラ生活

「womo」2020年1月号に掲載されています!

womo2020新年号-1.jpeg本日、発行されました、タウン情報誌「womo」2020年一月号。

この新年号の中で、「2020年診断つき~運が味方するポジティブ開運習慣」と銘打って、占い師・佐藤洋子が2020年を占い、開運アドバイスをさせていただきました。
 
広告ページの後、巻頭特集として11ページから、6枚にわたって、来年の予想や、開運のポイントなど、紹介しております。
 
私の占断鑑定において、主たる鑑定法として用いています「カバラ数秘術」をもとに、来年を占い、開運のコツなど、考察してみました。
 
占いには、命・卜・相の三種類の鑑定方法があります。
 
命(めい)術とは、生年月日から分かる、その人の宿命を鑑定するものです。
 
西洋占星術、カバラ数秘術、鬼谷算命学、四柱推命など、いろいろ、ありますね。
 
womo2020新年号-2.jpeg
今回は、カバラ数秘術を用いて、来年を予測しています。
 
数秘術とは、「数は単なる記号ではなく、それぞれに意味がある」という観点で、鑑定をします。
 
人であれば、生年月日を基に、その人の持つ「秘数」を算出して、運勢を占います。
 
来年は2020年です。
 
「2020」という数字を、一つ一つ、バラバラにして、足し算します。
 
2+0+2+0 → 4
この「4」という数字で、来年を読み解いています。
 
更に、この「4」の数字に、ご自分の「生れ月+生まれ日」を足し算したものを算出することで、来年の運気を観ることが出来るのです。
 

womo2020新年号-3.jpeg

詳しくは、wono2020年1月号を、ぜひ、お手にとられて、ご覧くださいませ。
 
先ほど、命・卜・相と申しあげました。
 
卜(ぼく)術とは、その時々の運気を占う鑑定法です。
 
筮竹を使って占う易や、タロットカード占い、ルーンストーン占いなどがそれに当たります。
 
命術は、運命学を学ぶことで、ある一定の水準に達することが可能な鑑定法ですが、卜術は、その時々の運勢を鑑定するために、勉強以前の、鑑定士の在り方が大切になる鑑定法だと、私は考えています。
 
卜術は、タロットカード占いならば、タロットカードが、示している内容を、真摯にお客様にお伝えする姿勢が求められます。
 
womo2020新年号-4.jpeg
タロットカードには、様々な意味があり、その中のどれを選択して、流れを読み解いていくかで、同じ展開のカードでも、幾通りかのストーリーが成立します。
 
このとき、普段から、タロットカードを敬い、大切に接して、どれだけタロットカードとのコミュニケーションが密であるかが、鑑定の精度に密接にかかわってきます。
 
私にとって、タロットカードは、信頼する「導き手」であり、道具という認識ではありません。
 
タロットボックスには、ハーブを入れた袋を寝床のように置いて、鑑定を終えたタロットカードに安らいでもらうよう、努めています。
 
そんな風に、タロットカードを大切に思う私の気持ちが通じつつあるのか、佐藤洋子研究室のお客様は、タロットカードでの鑑定を求めて、再び来室いただくことが増えています。
 
ともあれ、占いは、ポジティブに解釈していくことが大切です。
 
そのあたりのことは、このwomoさんの掲載ページで、触れています。
 
ぜひ、ご覧くださいませ。
 
それでは、また、ブログでお会いしましょう!
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sato-yoko-lab.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/574