• ホーム
  • カバラについて
  • 西洋占星術について
  • タロットについて
  • 鑑定の流れについて
  • 鑑定料について
  • プロフィール
  • アクセス
  • お問い合わせ

風水的幸運招来

扇も桜に替えました♪

桜2.JPG

鑑定室の小物を、春モードに替えているところです。
 
昨日は、ちりめん細工とお香立てを、桜のものにしました。
 
今日は、扇を梅の柄から、桜の柄のものに替えました♪
 
やはり、気分が変わりますね♬
 
季節の先取りは開運アクションの基本!
 
春の訪れを、こういった小物で、演出するのは、楽しいものです。
 
明朝は、冷え込みがきつそうです。
 
啓蟄も過ぎ、もうじき、土筆(つくし)を目にすることもあるでしょう。
 
桜の頃、足元にはスミレの花が健気に咲きますが、楽しみです♪
 
スミレは、私が一番、好きな花!!
 
可憐な容姿に似合わず、アスファルトの隙間からも花を咲かせる強さに惹かれます。
 
気品ある紫の花であることも、魅力!
 
私も、気品と強さを秘めた女性になれるよう、立ち居振る舞い、心の持ち方、留意していきたいです。
 
それでは、また、ブログでお会いしましょう!
 

大安吉日なので、鑑定室の小物を替えました♪

ちりめん桜2.JPG

季節の先取りは、開運の基本。
 
という訳で、大安吉日の本日、鑑定室の小物を二つ、替えました。
 
一つ目は、桜の花のちりめん飾りです。
 
桜の樹と、お団子にお茶をかたどったモノ。
 
お茶とお団子が、実寸にしたら巨大になってしまう大きさですが、そこはご愛敬♪
 
今月の下旬には、桜、咲きそうですね。
 
私は、母と、自宅近くの公園に、桜鑑賞に行く予定です。
 
梅の時期には、仕事が忙しくて、一緒に見に行けなかったのが残念でした。
 
なので、桜は、必ず行くつもりです。
 
香立て桜4.JPG
そして、鑑定室の小物、二つ目は、桜の香立てです。
 
この香立て、鳩居堂のものなんですが、梅、桜、朝顔、紅葉の四種類あって、季節の変わり目になると、先取りして、替えています。
 
今回は、桜。
 
日本人の愛する、美しい花ですね。
 
桜は国の花なので、着物の柄としては、通年、着る事ができるモチーフなのだと、以前、呉服店の方にお聞きしたことがあります。
 
私も、現在、桜の駿河蒔絵のバレッタで、髪をまとめています。
 
風水的には、ピンク色の桜の花には、人間関係運をアップする力があるとされます。
 
何かを決断したいときには、満開の桜を見つめると良いそうです。
 
また、散り際の桜には、厄落としのパワーがありますよ。
 
今日は、桜餅を買って来ました。
 
今夜は父の仏壇にお供え中です。
 
明日、丁寧にお茶を淹れて、母といただこうと思っています。
 
桜、待ち遠しいですね。
 
それでは、また、ブログで、お会いしましょう!
 

鑑定室の百合の花が咲きました!

百合1.JPG鑑定室に飾ったときは、硬い蕾だった、百合の花が咲きました!

やさしいピンク色に鹿の子模様の百合の花です。

雄しべの色が淡いオレンジ色で、やさしさを演出します。

通常、もっと、濃い朱色の雄しべのことが多いですよね?

我が家では、玄関と、お客様をお迎えする鑑定室には、花を絶やさないようにしています。

あと、仏間にも、お仏壇の香花とは別に、いつもお花を飾ります。

以前もブログに書いたことがありますが、生花には、エネルギーを感じます。

精一杯、咲いている、その姿が、凛として美しく、眺めていると、気持ちがシャキッとします。

我が家では、百合と薔薇を飾ることが多いのですが、どちらも、気高さを感じさせる花ですね。

ありがたいです!

それでは、また、ブログでお会いしましょう!

気分を変えて、アルストロメリア

app-026425600s1396322200.jpgいつも、百合の花を飾ることの多い、我が家の玄関ですが、今日は、気分を変えて、アルストロメリアの花を飾りました。

白いアルストロメリアの花言葉は、’’凛々しさ”

百合の仲間に入る花だそうです。

なんだかんだ言っても、百合に落ち着く、我が家の玄関でした。

この花は、よく持ちますね、そんなところも、選んだ理由です。

さあ、今日の後半も、頑張っていきましょう! 

吉日につき、鑑定室をプチ模様替え

DSC_1302.JPG今日は、大安吉日。

日が良いので、鑑定室の一部をプチ模様替えしました。

梅の絵柄の扇は、模様替え前の鑑定室です。

この扇、本物の舞扇です。

曾根田楽器店さんで、見つけて、購入しました。

私は、舞を舞う趣味はないけど、美しいものは、基本的にウエルカムなので、鑑定室に来ていただきました。

さて、お次の画像は、模様替え後です。

牡丹の花は、ちょっと気が早いかも、と思いつつ、すでに、端午の節句のお飾りを飾った鑑定室には、調和すると判断しました。

DSC_1305.JPG牡丹の花の花言葉は「富貴」。

素敵ですね。

お客様とともに、幸せに豊かになっていくイメージで飾りました。

我が家の庭には、初夏の頃、本物の牡丹の花が咲き誇ります。

お悩み、迷いがおありでしたら、牡丹の花の扇が、飾られた鑑定室に、お越しくださいね。

先日、この鑑定室にやってきたラピスラズリも、お待ちしていますよ。

それでは、また、ブログでお会いしましょう!

 

 

吉日につき、季節を先取りしました!

DSC_1291.JPGひな祭りが終わったので、桜の縮緬細工も飾りつつ、メインは、端午の節句のお飾りを、鑑定室にセッティングしてみました。

気が早いとお思いの方もいらっしゃるでしょうが、季節の先取りは、開運アクションなんですよ!

今日は、大安吉日。

お部屋の模様替えには良い日です。

なので、鑑定室では、お飾りを替え、自分の寝室では、カーテンとシーツを替えました。

う~ん、気分一新!

兜飾りを中心としたセットは、以前、伊勢丹で、一目ぼれして購入しましたが、その横の「夫婦鯉の滝登り」の縮緬細工は、JR静岡駅アスティ内・京都洛風さんで、昨日、購入しました。

これも、一目ぼれに近いかな?

「鯉の滝登り」のモチーフは非常に縁起の良いものとされますから、「これからも、仕事、頑張ろう!」と思って、購入を決めました。

でも、よく見ると、この鯉、夫婦の鯉なんですね。

ということは、恋愛・結婚で、お悩みのお客様のお力にもなってくれそう。

何と言っても、恋愛・結婚に関するお悩みは、ダントツですから、良いものを購入できたようですね。

京都洛風さんでは、これまでも、数々の縮緬細工を購入してきましたが、今回も、大満足!

私が三つの荷物をもっていたのをご覧になった店員さんが、「一緒にお入れください」と、大きな袋を下さって、なんだか、ほっこりしました。

良い店員さんがいらっしゃるお店なので、気持ちよく、お買いものができる点も、縁起物の購入には、最適のお店です。

昨日は、ほんとに良い日でした。

今日も良い日にいたしましょうね!

それでは、また、ブログでお会いしましょう!

京都洛風静岡店
〒420-0851
静岡市葵区黒金町46番地 アスティ静岡
TEL 054-252-5501
営業時間 10:00~21:00

 

 

断捨離、断捨離、断捨離・・・。

DSC_1255.JPG身の回りの物を、整理し始めて、二か月になろうかというところです。

その間、いらなくなった本を売り、もう身に着けることのないアクセサリーを売り、本棚や金庫の中が、すっきりしてきました。

でも、まだ、クローゼットの中に、わんさと、今のサイズより下のスーツ類がぶら下がっています。

物だけでなく、自分の身体に余分なお肉も貯めてきたことで、だんだん、お洋服のサイズが大きくなってきている私です。

これではいけない、ということで、本日から、チョン・ダヨン女史の、モムチャン・ダイエットを始めました。

DVDに合わせて、体を動かすこと、20分。

結構、きつくて、ほんとに体がなまっていることを実感。

明日は、筋肉痛かもしれません。

でも、これも、ひとつの断捨離ですよね。

目標は、春までに、洋服のサイズをワンサイズ縮めることです。

そうすれば、クローゼットの中のスーツが活きてきます。

そして、もう一つ、私が断捨離だな、と思うことが、お買いものを控えることです。

私は、依存症ではないけれど、買い物、特に、通販でものを買うのが好きです。

カタログの類は、毎月、なにがしか、送られてくるので、紙のリサイクルに出す量は、半端ではありません。

まず、カタログを三つに絞りました。

「絞って三つかい?」と突っ込まれそうですが、お洋服関係が一つ、インテリア関係が一つ、美容と健康関係が一つ、の三つです。

そのほかのカタログは、今後、送られてくることのないように、手続きしました。

そして、通販以外の、日々の買い物についても、紙に書き出して、おおよその予算を計算してから、さらに、本当に必要か?という視点で、そのメモを見直します。

何を言いたいかといいますと、断捨離する以前の、ものを家に入れる時点で、選別しようという作戦に出たわけです。

買ったり、もらったりして、家を物置にしてから、断捨離するのではなく、初めから、ものを増やさない方向でいきたいな、と思ってのことです。

言うは易く、行うは難し。

限定品、セット割引、タイムセール、などなど、お買い物には、誘惑が多く、それに抗うのは、結構、エネルギーがいりますね。

幸い、家計簿をしっかり、つけているので、空いている時間に、いわゆる、無駄遣いに分類されると思われる支出の合計を出してみました。

ギョッとする額のお金を、買わなくてもこまらないものに使っていたことが判明。

その分、今年は、使わないで、貯蓄に回すぞ、と決意を新たにしました。

おそらく、昨年は、収入が、途中から増えたことで、気が大きくなっていたんですね。反省。

断捨離、まだまだ、続きます。

「続報を待て!」ということで、そろそろ、スカイプ鑑定のお時間が迫ってきましたので、まずはこのあたりで終わりにします。

それでは、また、ブログでお会いしましょう!

人が来るから花を飾る?、花があるから人が来る?

DSC_1243.JPG相変わらず、百合の花を飾ることが多い、我が家の玄関の画像とともに、この頃、思っていることを書こうと思います。

タイトルに書いた、「人が来るから花を飾る?、花があるから人が来る?」とは、今の私の気持ちです。

我が家が、玄関と鑑定室に花を絶やさず、暮らすようになってから、気づいたことがあります。

お客様が絶えないのです。

実際に鑑定室に足を運んでくださるお客様はもちろん、電話鑑定、スカイプ鑑定でのお客様を含めると、おひとりもお客様がいらっしゃらなかった日は、一日か二日しかありません。

残りの日は、たとえ一名様であっても、必ず、お客様にいらしていただいています。

ありがたいことだと、本当に感謝しています。

そして、それは、お花を飾っていることと無関係ではないだろうと、そんな風に思う私です。

お客様がいらしたとき、お花が飾ってあったら、気持ちよく玄関で、靴を脱いでいただけると思い、常に百合か薔薇を飾っている我が家です。

また、電話やスカイプでの鑑定であっても、お客様をお迎えする気持ちで、鑑定室にも、薔薇がいつも飾ってあります。

言い換えると、我が家の玄関と鑑定室は、お客様がいらっしゃることが予定されている、いないにかかわらず、お花があるように保たれています。

だから、お客様が絶えないのでなないかしら?

つまり、お花を飾り、いつ、お客様がいらしても、大丈夫な状態に、家を保つことで、お客様を引き寄せるエネルギーが発生しているのではないか、と思うのです。

お花って、大切に思って、飾ると、大きな幸せを運んでくれる生き物なのですね。

たぶん、百合と薔薇というのも、占い師の私に力を与えてくれる花なのではないか、そんな気もしています。

だって、ライダーウエイト版タロットの魔術師のカードには、白百合と赤い薔薇が咲き乱れていますから。

そして、お客様がいつも、いらしてくださることで、決して、リーズナブルとは言えない花、百合と薔薇を買い続けることができるだけの、お金をいただけるのですから、本当に、ありがたいことです。

お花って、無いなら無いなりに、暮らすことができる、いわゆる贅沢品の部類に入るものかもしれません。

それは、ささやかな贅沢かもしれませんが、私と母の心を、確かに豊かな状態にしてくれています。

感謝して、飾ろうと、改めて思う、私です。

それでは、また、ブログでお会いしましょう。

断捨離の効果、じわじわ来ています。

DSC_1232.JPG今日は、寒い一日でしたね。

ところで、暮れから始めた断捨離ですが、結構、じわじわと効いてきているみたいですよ。

風水では、タンスの中や、クローゼット、押し入れなどの中のことを、陰宅といって、重要視しています。

この陰宅が、ごちゃごちゃしていると、開運の観点からはNGなんですね。

陰宅というのは、お墓を意味しているという一面もあり、大切な場所なんです。

私の部屋のクローゼットは、家の中心付近にあり、ここがスッキリと片付いているかいないかで、家全体の運気が左右されるので、いつも、クローゼットの中が気になっていました。

このお正月、松の内を過ぎてから、クローゼットの整理を敢行しましたよ。

いらないもの、結構、ため込んでいました。開業当時に使っていたパソコンのプリンターの大きいことといったら!

今回、22リットル入りごみ袋を3つばかり、いっぱいにする、いらないものが、たまっていました。

当然、整理整頓が終わった後は、非常に気持ちよかったです。

次なる陰宅の整理整頓は、タンス部屋の中と、寝室の桐ダンスの中ですね。

さて、陰宅をスッキリさせたその夜、新規のお客様のご予約を三件、いただきました。

前にも、おトイレ掃除を徹底的にした、その日に、リピーターのお客様のご予約を二件いただいたことがありますが、断捨離の効果、すごいです。

ダイレクトに、金運に働きかけてくれるようです。

そして、家の中が片付いてきている最近は、無駄遣いが減ってきたようです。

我が家は、節約に励んでいるわけではないのですが、無駄なものは買わないに限ります。

必要ないものを買うと、家のスペースが占拠されて、良い気が入ってこなくなりますからね。

実は、節約に励んでいないというのは、やや正確ではありません。

お金をかけるところと、なるべくリーズナブルなもので済ませるところを、きっちり分けていて、結構、お金を遣っているため、節約していることにならないのかなぁと思っています。

何に、お金を惜しまないかと言いますと、まず、お花ですね。玄関と鑑定室は必ず、気持に余裕があるときは、あと3か所くらい、お花を飾っています。

そして、黒毛和牛、カニ、鰻といった、いわゆる高級食材には、お金がかかるのを、当然と思っている、我が家です。

ちなみに、高級食材担当は、私で、家計からの出費ではなく、私のポケットマネーから買うこととしています。

お花と高級食材に、お金を出し惜しみしないことで、富貴の気を取り込む開運行動としています。

さて、断捨離です。

スッキリと暮らしていこうと決めてから、ほんとに、我が家は、いいことが続いています。

断捨離って、すごいですね。

それでは、また、ブログでお会いしましょう。

お掃除って、楽しいですね♪

DSC_1229.JPGこの暮れとお正月は、これまでと決定的に違ったものになりました。

社会人になってこのかた、人が休んでいるときに働くという仕事が多かったせいもあり、暮れもお正月も、働いていて、休みが一日、二日しか取れない、という状態がふつうでした。

この暮れとお正月は、12月31日から1月3日まで、完全にオフにさせていただきましたので、お正月の準備に時間をかけることができました。

そして、また、11月の末から、サブワークを辞めて、占い一本で働いているので、これまで以上に、時間が有効に使えています。

何よりもまず、お掃除を徹底できたことが収穫でした。

家事の中で、唯一、苦手なのが、お掃除と片付けだった私。

どうして苦手だったのかと考えてみて、気づきました。

今までは、時間の余裕がなかったから、お掃除と片付けが、後回しになっていたんだと。

風水の観点からも、お掃除は開運行動であり、衛生上も大切な行為です。

玄関、応接間、鑑定室、自分の部屋という順番で、徹底的にお掃除をしてみたのですが、気持ちよかったです。

玄関は、棚の上のものを、全部取り除いて、水拭きしてから、配置し、三和土(たたき)は、掃き清めた後、雑巾で水拭きしました。

三和土の水拭きは、効果大の開運行動なんですよね。

そんな風に、お掃除しながら、開運体質の家に、自宅を変えていくのは、とても楽しかったです。

そして、長らく、手をつけられなかった、父の書斎も、きれいにしました。

この部屋は、二階の北西の角にあり、家じゅうで、いちばん格の高い部屋になります。

北西の一番格の高い部屋が片付いていないと、金運的にもNGだと言われています。

実をいうと、父の書斎をしっかり片づけたのは、お正月に入ってからなんですが、元旦には、もちろん手を付けませんでしたよ。

元旦にお掃除というのは、開運的にNGですからね。

使っていないダイニングセットの椅子を置かせてもらったり、私の衣類も置いてあったりして、とても書斎だったとは思えない状態になっていたのを、まず、椅子を私の部屋のクローゼットに収めました。

私の衣類も、クローゼットやタンスに収め、いらないものを捨て、そうして、もとの書斎らしさを取り戻しつつあります。

そして、きれいに片付いたら、いずれは、私の仕事部屋として、使わせていただこうと思っています。

本を書くことに意欲のある私ですが、この北西の部屋で、じっくり取り組んで、良いものを著わせたらと思うのです。

お掃除は楽しいということに目覚めたこの、暮れとお正月。

これからも、折に触れて、お掃除をして、父が残してくれたこの家を、ぴかぴかに磨き上げようと思います。

それでは、また、ブログでお会いしましょう。

1  2  3