• ホーム
  • カバラについて
  • 西洋占星術について
  • タロットについて
  • 鑑定の流れについて
  • 鑑定料について
  • プロフィール
  • アクセス
  • お問い合わせ

季節の主役

季節の和菓子でホッとひと息

若鮎2.jpegこの季節になると、鮎をかたどった和菓子、「若鮎」を楽しみにしているのが、私の母です。

 
若鮎は、どら焼きの皮を薄く焼いたような形状のもので、求肥(ぎゅうひ)をつつんだ和菓子です。
 
求肥は、白玉粉や餅粉に砂糖や水あめを加えて練り上げた、お餅のようなお菓子材料です。
 
私の記憶では、社会人一年生のころ、当時、まだ静岡市七間町に存在していた「扇屋」さんというお菓子司で、母へのお土産に、買って帰ったことがあります。
 
静岡市の街中では、老舗の和菓子屋さんが、まず、扇屋さん(若鮎の他にも、ウサギ饅頭などあり)からお店を閉め、その後、喜久屋さん(美恵夢と大御所最中は、職人さんごと、現在、三坂屋さんに)、そして、新月堂さん(登呂最中、どら焼きが好きでした)と、次々、お店を閉めていかれました。
 
若鮎3.jpeg
現在、街中には、静岡の老舗和菓子屋が見当たらず、デパ地下に、京都などの他府県の老舗が入っていることを、残念に思うこともある私です。
 
今回、若鮎を購入させていただいたのは、中学生の頃からの、行きつけの御菓子司、宮城(みやしろ)さんです。
 
職人さんの店主さんが、女将さんと開いたお店なので、老舗にはならないと思いますが、私が中学生のころ、既に、茶道をたしなまれる方々の間で、高い評価を得ておられたと聞いています。
 
若鮎と練り切り菓子を購入させていただきました。
 
宮城さんは、京都で修行されたご主人の手による、繊細な美しさと、上品な甘さの和菓子を提供してくださる、我が家の一押し御菓子司さんです。
 
若鮎4.jpeg
現在は、京都での修行を終えた、息子さんも、加わって、親子二代でお店を切り盛りされています。
 
日本茶でも、紅茶・コーヒーでも、どちらでも美味しくいただける、「茶娘の里」というお菓子を登録商標されています。
 
私がこちらのお店に通い始めた頃は「茶娘」という名前で、登録商標出願中でした。
 
程よい甘さの抹茶餡をバター風味の洋菓子めいたフワッとした生地で包んだお菓子で、男性人気もあるので、海外展開されている経営者の方が、外国の取引先にお土産にされている、というのは女将から、伺いました。
 
さて、今日のテーマは「若鮎」です。
 
若鮎、シンプルな和菓子なので、職人さんの腕の見せ所とも言え、宮城さんは、群を抜いて美味です。
 
若鮎5.jpeg
今年、最初の若鮎タイムです。
 
季節ごとの和菓子も、初物、になるのでしょうか?
 
縁起の良い初物の和菓子を、宝尽くしの絵柄の茶器でいただきます。
 
宝尽くしは、着物や陶磁器などに描かれる、伝統的な絵柄です。
 
扇、米俵、ひょうたん、折り鶴、亀、巻き物など、縁起物を一堂に会した、この絵柄に、私はとても心惹かれます。
 
こんな風に、縁起物が描かれています。
 
宮城さん、かつて、静岡駅に駅ビルが出来た頃、出店をしてほしいとのオファーがあったそうです。
 
若鮎7.jpegのサムネール画像
職人の手作りのお菓子であることを大切に、材料も作り方も妥協しないで、ずっと和菓子を提供していきたいという思いがあり、お断りされた、と女将がおっしゃられていました。
 
駅ビルでの販売となると、機械を入れることになるのが、どうしても、お店の在り方と相容れなかったそうです。
 
ところで、6月16日は、和菓子の日、だそうです。
 
この日については、次のブログで、詳しくお話しさせていただきますが、この日に和菓子を召し上がって、是非、ご健康とお幸せを、引き寄せてくださいませ。
 
若鮎と一緒に、薔薇の花をかたどった練り切り菓子も、いただきました。
 
母は、若鮎も薔薇の練り切りも、とても美味しいと言って、あっという間に完食してくれました。
 
感謝です!
 
それでは、また、ブログで、お会いしましょう!
 
御菓子司 みやしろ
〒420-0881
静岡市葵区北安東1-27-9
TEL:054-245-3626
8:30~17:30
月曜定休
 
 

今年初めてのスミレの花、嬉しいです!

菫2019-2.jpeg

このブログでは、毎年、春先に必ず、スミレの花が大好きだという記事を挙げているのですが、今年もお約束ながら、初スミレに邂逅(かいこう)した歓びを、書かせていただきます。
 
昨日の午後、歯科医院へ遅刻気味で、懸命に自転車をこいでいた私の目に、スミレの花の可憐な姿が飛び込んで来ました。
 
城北公園のバス停留所付近、街路樹の根本です。
 
スミレの花は、私の一番好きな花。
 
この時期になると、スミレの花に出会うことを、毎日、心待ちにしている私です。
 
なので、毎年スミレの花が咲く地点を通る際には、目を皿のようにして、探してしまいます。
 

菫2019-1.jpeg

そして、かなり勢いよく、自転車をこいでいたのに、飛び込んできた、スミレの紫色の花。
 
歯科医院に遅刻必至の状況でなければ、絶対に、自転車を停め、スマホで撮影となるところ、無念の思いでスルーしました。
 
幸い、歯科医院での処置は短時間で済み、まだ、明るかったので、一粒万倍日ですから静岡浅間神社にお詣りさせていただきました。
 
そして、その帰りに、スミレの地点まで戻ってきた私は、満を持して撮影しました。
 
今年初めてのスミレ。
 
紫色の小さな貴婦人のような、その姿を目にすることが出来、とても幸せを感じました。
 
スミレの魅力は、ギャップかな・・・と思っています。
 
可憐ではかなげなその姿に似合わず、アスファルトの割れ目から、芽を出して花を咲かせます。
 
生命力の強さ、逞しさを秘めているのに、あくまでもその姿は愛らしく可憐です。
 

菫2019-4.jpeg

自転車を走らせていたら、こんな、白いスミレを発見しました。
 
白いスミレは、タチツボスミレの仲間っぽい、きれいなハート形の葉をしたものでは、目にしたことがありました。
 
でも、今回の白いスミレは、「すみれ」と言う種類、ただただ「すみれ」という、濃い紫の種類の葉の形状をしています。
 
上の画像が、その「すみれ」なんですが、こちらの、白いスミレの花と葉っぱの形、似ていますね。
 
昨日は、スミレの花に一杯出会えました。
 
一粒万倍日なので、神社にお詣りさせていただいたことが、この幸せな出会いをもたらしてくださったのでしょうか?
 
感謝です!
 
それでは、また、ブログでお会いしましょう!
 

「初午」の昨日、お稲荷さんをいただきました!

初午1.jpeg

昨日は、二月に入って、最初の「午」(うま)の日でした。
 
「初午(はつうま)」と言って、開運的に重要な日なんだとか。
 
初午について、調べたら、こんな記述がありましたよ。
 
「稲荷社の本社である伏見稲荷神社のご祭神・宇迦御霊神が伊奈利山へ降りた日が和銅4年2月11日(711年3月4日。2月9日(3月2日)説もある)であったとされ、この日が初午であったことから、全国で稲荷社を祀る。
本来は旧暦2月の最初の午の日であるが、現在では新暦2月の最初の午の日とされている。そのため、元々は春先の行事だったのが、冬の一番寒い時期の行事となってしまった。
2月の2回目の午の日を二の午(にのうま)、3回目を三の午(さんのうま)と言い、これらの日にも祭礼を行う地方や、二の午もしくは三の午にのみ祭礼を行う地方もある。
初午はその年の豊作祈願が原型で、それに稲荷信仰が結びついたものである。「初午いなり」といい、稲荷寿司を供える風習もある。」
 
 
つまり、初午の日には、稲荷神社にお参りし、油揚げを使ったお料理をいただくことで、金運その他の運気をあげえることができるんですね。
 
なので、一昨日から、油揚げを甘じょっぱく煮込み、昨日午後、炊き立てのご飯を、五目寿司の素で、調味し、お揚げが破れないよう、詰めてみました。
 
全部で16個、お箸を添えた画像だと、まるで、私が全部、いただこうとしているように見えますね。
 
神様と仏様に先ず、お供えしてから、母と私がいただきました。
 

初午2.jpeg

具だくさんのお味噌汁とともに、いただきました。
 
稲荷ずし、ちょっと、中身を入れすぎて、かなりぷっくりしていますね。
 
自分で作って、こんな風に言うのも、気が引けますが、結構、美味しかったです。
 
普段、食が細くなってきている母が、「美味しい」と言って、一気に三個、平らげたことも、とても嬉しかったです。
 
今回、初めて、自分で油揚げを煮て、稲荷ずしを作ってみました。
 
我が家では、きつねうどんを初めとして、食卓に、油揚げの料理が登場することが多いのですが、お稲荷さんも、これからは、ちょくちょく、作ってみようと思いました。
 
初午の日に、稲荷ずしをいただく開運アクション、実行しました!
 
これからの自分が楽しみです。
 
それでは、また、ブログでお会いしましょう!
 

今年初の栗蒸し羊羹、いただきました♪

栗蒸し羊羹1 (1).jpeg

中学生の頃から通っている、お菓子司みやしろさんで、今年初の栗蒸し羊羹を、購入させていただきました。
 
栗蒸し羊羹は、母の大好物。
 
秋が近づくと、みやしろさんの前を通るたびに、栗蒸し羊羹のノボリが出ているかどうかを、確認します。
 
みやしろさんは、お茶をたしなまれる方々には、有名なお店です。
 
私も、中学生の時、煎茶道のクラブで、みやしろさんの和菓子に出会いました。
 
柿の実をかたどった、美しい練り切りのお菓子に、まず、目が喜び、口に入れて、甘すぎない上品な味に、子供ながら、感動しました。
 
それ以来、私は、みやしろさんのコアなファンになり、通い続けています。
 
女将さんとお話しさせていただくのも、みやしろさんの和菓子を買いに行く楽しみの一つです。
 
みやしろさんの和菓子は、材料に妥協しないため、ずっと高水準の美味しさを、維持しています。
 
女将さんに、小豆の産地のお話しや、ご主人の師であるお菓子職人さんが、日本一の職人として、高名な方であるお話しとか、興味が尽きません。
 
今夜は、今年初の栗蒸し羊羹を、東を向いて、笑顔でいただこうと思います。
 
それでは、また、ブログで、お会いしましょう!
 
御菓子司みやしろ
静岡市葵区北安東1-27-9
TEL 054-245-3626
8:30~17:30
月曜定休
 

スミレの花が咲く季節になりましたね!

スミレ2018-1.jpeg毎年、桜の開花がニュースになるころ、桜の樹の根本には、可憐なスミレの花が咲いています。

 
何度か、お伝えしていますが、私は、数ある花々の中で、スミレの花が一番、好きです。
 
タチツボスミレとか、その他、スミレにもいろいろな種類がありますが、私が好きなスミレは「スミレ」というシンプルな名前の、濃い紫のものです。
 
この紫の可憐な花は、意外とたくましく、アスファルトの隙間から、芽吹き、花を咲かせます。
 
「強くて美しい」
 
私が感じる、スミレの魅力です。
 
紫は、スピリチュアルな世界でも、とても大切な色です。
 
精神性の高さや、高次の意識に通じるものを感じます。
 
日本でも、聖徳太子による「冠位十二階」の最高位の色は、「紫」です。
 
西洋でも、「the purple」は、「王権・帝位・枢機卿」の意味です。
 
私がこの花を好きになったのは、幼い頃に出会った、ある女性の影響が大きいです。
 
その人は、「おきんおばちゃん」と呼ばれていた、静岡浅間神社の社務所の台所をとりしきっていた女性です。
 
私は、小学生の頃、共働きの両親を、祖父母の家で待つという生活をしていました。
 
祖父が、浅間神社の宮司となったため、祖父母は浅間神社境内の官舎に移り住みました。
 
私が放課後、帰る家も、宮司官舎となりました。
 
私は、両親が迎えに来るまで、社務所で働いている、高齢の女性たちと一緒に、境内の掃除などをして過ごしました。
 
女性の中の一人が、昭和の大女優・杉村春子さん似の、おきんおばちゃんでした。
 
彼女が、大好きな花がスミレだったのです。
 
春になると、おきんおばちゃんに頼まれて、私は百段階段を登り、賎機山で、スミレの花を探しました。
 
高齢のため、山に登って、スミレを探すのは、さすがに無理だったため、私に特命が下ったのでした。
 
見付けた時には、深く地面を掘って、植木鉢に植え替えて、おばちゃんのもとへ持って行きました。
 
私が植え替えたスミレの花を持っていくと、おきんおばちゃんは、とても喜んでくれました。
 
最初は、おばちゃんの大好きな花だったスミレですが、いつの間にか、私にとっても、とても大切な花になっていました。
 
おばちゃんたちは、私を可愛がってくれ、私も、おばちゃんたちと過ごす時間が大好きでした。
 
スミレの花を見ると、大喜びで、私の持って行ったスミレを胸に抱えていた、おきんおばちゃんを思い出します。
 
今年も、スミレの花を愛でることができ、とても、幸せな私です。
 
それでは、また、ブログでお会いしましょう!
 

大安吉日なので、お雛様を飾りました!

お雛様2018-1.jpeg

今日は大安吉日。
 
日が良いので、鑑定室にお雛様を飾りました。
 
立春を過ぎたら、良い日を選んで、お雛様を飾ること、亡き、明治生まれの祖母から、教わりました。
 
私と姉の為に、両親が買ってくれたお雛様は、私たちが結婚したのを機に、人形供養に出したそうです。
 
とても、大きなお内裏様とお雛様で、三人官女と五人囃子もいました。
 
かすかに、微笑んでいるようにも見えましたが、対面すると、とても、厳かな気持ちになるお雛様でした。
 
両親は、子供の私たちに、ものを与えるとき、その時、購入できる範囲で、最上のものを与えてくれました。
 
図書館で、「館内」のシールが貼ってあるような、図鑑や全集が、父の部屋に有って、童話集も、たくさん有りました。
 
4歳上の姉が本好きだったので、なんでも姉の真似をする私は、必然的に本を読むことが大好きになりました。
 
中学校の教師をしていた父は、修学旅行に生徒さんを引率して、無事帰ってくると、私と姉に、伝統工芸品のお土産をプレゼントしてくれました。
 
漆や螺鈿細工、彫金などの工芸品が今でも、大好きなのは、この時感じた嬉しさが、私の心の深いところに刻まれているからでしょう。
 
趣味の写真で、伝統工芸の職人さんの、実演するお姿を撮影させていただくようになったのも、こういった記憶があったからだと思います。
 
現代の名工に選ばれた、指物職人の大間悠司氏が、ご自身の作品展をフェルケール博物館で開催した折に、私が撮影させていただいた写真をプロフィール写真として、お使いいただいたことも、嬉しい出来事でした。
 
静岡という地は、静岡浅間神社の建立に際して、全国から集まった職人さんが、気候が良いのを気に入り、住み着いてくださったことから、三百年以上の伝統工芸の歴史を持っています。
 
素敵な町だと思います。
 
海のものにも、山のものにも、恵まれて、伝統工芸の歴史も長く、いろいろなものに恵まれていること、感謝です。
 
これが当たり前と思って、育ってきましたが、大学進学で、一度、静岡を離れてみて、改めて、故郷の素晴らしさを再発見しました。
 
お雛様を飾って、いろいろなことに思いを馳せたひとときでした。
 
それでは、また、ブログでお会いしましょう!
 

初午の日なので、きつねうどんをいただきました。

きつねうどん2.jpeg今日は、新年になってから、初めての午の日でした。

「初午(はつうま)」と言い、京都伏見の、伏見稲荷大社のお祭りがある日です。
 
稲荷神社と言えば、キツネ様。
 
キツネ様の好きな油揚げを使ったお料理をいただくのが、初午の日の開運アクションです。
 
なので、今日の夕食は、きつねうどんをいただきました。
 
油揚げは、風水的には、金運アップの食べ物になります。
 
うどんなどの、麺類は、長い食べ物なので、人間関係を結んでくれると、風水では考えます。
 
きつねうどんは、人間関係を円滑にし、金運を上げてくれるお料理です。
 
ふだん、糖質を控えめにしている私ですが、今日は、しっかり、うどんをいただきました。
 
油揚げを甘じょっぱく味付けし、うどんに載せて、ネギをちらして、きつねうどんの完成です。
 
寒い日が続いているので、温かいきつねうどんは、とても美味しかったです。
 
いい匂いがした為か、我が家の末っ子の白猫・雪之介くんが、テーブルに脚をかけて、クンクンしていました。
 
温かい食事をいただけること、母がいてくれること、雪ちゃんがいてくれること、感謝です。
 
それでは、また、ブログでお会いしましょう!
 

吉日なので、鑑定室をプチ模様替え♪

クリスマス2017.jpeg今日は、大安吉日。

日が良いので、鑑定室をプチ模様替えしました。
 
紅葉とフクロウのちりめん細工を、クリスマスバージョンに替えました。
 
ここ、二、三日は、本当に冷え込んで来ましたね。
 
冬なんだなぁと思います。
 
実は、私、秋から冬にかけて、日の暮れがだんだん早くなってくるのが、苦手です。
 
気が付くと、暗くなっている、夕方の雰囲気、なかなか、慣れません。
 
半世紀以上、生きているのに、日の暮れが早くなる、この季節の寂しい感じへの苦手感、ちっとも無くならないんですね。
 
でも、「寒かったり、薄暗かったりするから、家の灯りがすごく嬉しい」という風に、この頃は思う事にしました。
 
買い物は、私の担当で、午後3時台に家を出て、徒歩20分ほどのスーパーを皮切りに、二、三か所、回って帰宅します。
 
帰る頃、空は暗く、星が出ていることもあります。
 
手袋が嬉しい季節です。
 
我が家が見えてくると、すごく嬉しくて、門を入って、サッシの向こうから、猫の雪ちゃんがこちらを見ていたりすると、最高です。
 
「ただいま帰りました!」とドアを開けるとき、外が寒かっただけに、家の中の空気の温かさが身に沁みます。
 
有り難いと心底思います。
 
それでは、また、ブログでお会いしましょう!
 

九月になったので、鑑定室の模様替えをしました♪

2017秋2.JPG九月になりましたね。

鑑定室の扇飾りを、秋バージョンに替えてみました。
 
桔梗の花を描いた、舞扇です。
 
一緒に写っている、熊手は、去年の11月に、清水の西宮神社様の、えびす講のお参りで、得たものです。
 
その横に、足だけ見えているのも、実は熊手です。
 
今年の4月、磐田の見付天神様で、ご祈祷をうけたところ、お願いが「商売繁盛」だったので、お札と一緒にいただきました。
 
鑑定室は、お客様の運気をアップできる場所でありたいため、縁起の良いものを飾るようにしています。
 
生花を飾るのも、その一環です。
 
熊手の前にある、アンティークのお皿の柄は、鳳凰が飛び立っていく様を描いています。
 
風水では、お皿に描かれた、飛び立つ鳥は、運気を隆盛にさせると言われます。
 
2017秋5.JPGのサムネール画像こちらは、お月見ウサギのちりめん細工と、鳩居堂の貝合わせのお香立てです。
 
このお香立ては、梅、桜、朝顔、紅葉の四つの種類があり、先だってまでは、朝顔の柄を飾っていたのですが、もう、秋になろうとしていますから、紅葉柄を登場させました。
 
本当は、八月のうちに、こうした、模様替えはしたかったですね。
 
良い日を選んで、季節を先取りしたインテリアにすることは、開運行動の基本です。
 
なんやかや、忙しく、仕事をしていて、今日にずれ込みましたが、一日に、気分を新たにするのは、いいものですね。
 
この頃、母が、杖を使うようになり、介護関連の本を、Amazonで取り寄せし、「介活」を始めた私です。
 
「介活」とは、この間、「世界一受けたい授業」で覚えた言葉ですが、「婚活」「終活」といった言葉の類語で、介護を始める前に、それについて学ぶことを指しています。
 
母は、要支援状態のようで、要介護ではないので、介護保険を活用する段階ではありません。
 
要支援でも、なにか、利用できるサービスはないか、いろいろ、学んでいます。
 
少しでも、母が過ごしやすい状態でいて欲しいからです。
 
母が亡くなった後のことを、話題にするのも、不謹慎なようで、必要なことです。
 
元気で生活できている今だからこそ、普通に話せると思い、書類の整理やしまってある場所の受け継ぎなどをお願いしているところです。
 
幸い、母は冷静な人なので、そういった話題を、「必要なことだから、話しておかないとね」と言ってくれ、助かります。
 
月に一度は、母に、ランチをご馳走して、ゆっくりと話し込む時間を確保しています。
 
その時には、普段、なかなか、ゆっくり聞けない、母の思いを「うん、うん」と聴いている私です。
 
部屋の模様替えのお話から、近況のお話になりましたが、日々の生活の中、快適に過ごす工夫をいろいろ、試していきたいです。
 
それでは、また、ブログでお会いしましょう!
 

今年初めての冷やし中華♪

冷やし中華2017-2.JPG

最近、初夏を思わせるような、汗ばむ日が続いたので、今夜は冷やし中華にしてみました。
 
今年、初めての冷やし中華です。
 
タレは胡麻ダレです。
 
麺が見えないくらい、具をいっぱい載せて、我が家の冷やし中華が出来上がりました。
 
足元では、猫の雪ちゃんが、くつろいでいます。
 
夕食の時間になると、雪ちゃんは、私のそばに寄ってきて、「撫でてニャ」と言ってきます。
 
食事をしながら、いつも、雪ちゃんを撫でるのが、私の夕食スタイルです。
 
さて、冷やし中華です。
 
今日は、少し、蒸し暑さを感じる日だったので、美味しくいただくことが出来ました。
 
この頃、風邪気味で、熱っぽいせいか、冷たいお料理がおいしく感じた私です。
 
もうじき、母の日ですね。
 
私は、毎年、エプロンを母にプレゼントしてきましたが、今年は、アクセサリーを選びました。
 
母には、すっと、元気でいて欲しいので、元気で家事ができるようにと、エプロンを贈ってきましたが、たまには、おしゃれをして、華やいだ気分になってほしいと思い、アクセサリーを選びました。
 
当日のお昼には、お寿司でお祝いしようと、ちょっとだけ、贅沢なお寿司を二人前、予約もしました。
 
母が元気で、私を応援してくれていることに、感謝です。
 
それでは、また、ブログでお会いしましょう!
 
1  2  3  4  5