• ホーム
  • カバラについて
  • 西洋占星術について
  • タロットについて
  • 鑑定の流れについて
  • 鑑定料について
  • プロフィール
  • アクセス
  • お問い合わせ
ホーム > 佐藤洋子の開運カバラ生活 > 言い伝え・おまじない

言い伝え・おまじない

フェアリースペースを作ってみました♪

フェアリースペース-2.jpeg

皆様は、フェアリースペースという言葉をご存知でしょうか?
 
学研の雑誌「ムー」の女性向け版といった位置づけの雑誌「エルフィン」で、紹介されていた記事で、知った言葉です。
 
「ムー」は、一般的にはオカルト雑誌的な見方をされている雑誌だと思うのですが、精神世界の研究者が、意欲的なレポート・論文などを載せている雑誌でもあります。
 
私の師・斉藤啓一先生も、若くして、雑誌「ムー」における論客でした。
 
さて、その「ムー」の姉妹雑誌である「エルフィン」は、かなり前に休刊となりました。
 
扱っている記事は、占い・精神世界といった内容でしたが、占いの紹介記事など、かなり専門的なところまで踏み込んでいて、宿命を出す計算方法などが本格的で複雑なケースも多々、掲載されていました。
 
さて、数々の掲載記事の中で、私は「祈りの言葉」に関する記事と、今回の「フェアリースペース」の記事を、鮮明に覚えています。
 
「祈りの言葉」は、聖フランチェスコの祈りを、現代に違和感ないようにアレンジしたものが掲載されていて、書き写して、清書し、下敷きの間に挟んで、いつも持ち歩いていました。
 
そして、フェアリースペースです。
 
フェアリーとは、「妖精」のことです。
 
そして、その記事の中では「妖精脳」という言葉も大切なキーワードとして、紹介されていました。
 
「妖精脳」、どんな「脳」なのか、なんとなく思い浮かびませんか?
 
昔から、物語に登場する「妖精」は、軽やかに宙を舞い、どことなくいたずらっぽい印象です。
 
そう、子供のまま、.なのが「妖精」の本質、つまり、「妖精脳」とは、枠にとらわれない、子供のような自由で伸び伸びした状態の脳のことです。
 
妖精脳を持つことで、年齢を重ねても、新鮮な驚きを感じることのできる瑞々しい感性を保ったり、斬新な発想で、いつまでもアイデアマンでいられたりするのだそうです。
 
「アインシュタイン博士?」と思いながら読み進めていたら、やはり、「妖精脳」の持ち主として、アインシュタイン博士が紹介されていました。
 
私たちも、博士ほどではなくても、「妖精脳」を持つことで、毎日を新鮮な気持ちで過ごせたり、アイデアを思いついてはワクワクする、そんな生活を送ることが可能になります。
 
そのためには、実際に自分の部屋に、妖精さんたちが、遊びたくなるようなスペースを作るのが良い、という内容でした。
 
その、妖精さんがやってきて、そこで遊んだり、くつろいだりできるスペースを、フェアリースペースと呼び、寝室などにそういうスペースを作ることを勧めていました。
 
妖精の好みそうな、ものを、そこに集めるのです。
 
私は、ミニチュアのティーセットを置いて、我が家の住人である天使様と、お友達の贈り物の笛を吹いている人に居てもらいました。
 
空いている席には、妖精さんがついてくれることを想定しています。
 
妖精さんを、アフタヌーンティーでおもてなしです。
 
妖精さんが好みそうなもの、ご自分でも連想ゲームのように、想像されると良いでしょう。
 
妖精さんが、面白そう!と、そのスペースに来て、くつろいでくれるのなら、その部屋の空気も、一新されそうですね。
 
私は、ミニチュアの茶器セットを置いてみましたが、オリジナルで作ってごらんになると、楽しいですよ!
 
キラキラしていたり、可愛かったり、小さいものは、フェアリースペースに調和すると思います。
 
私も、象嵌細工の扇形のキラキラしたブローチを置いてみました。
 
私の部屋のフェアリースペースでは、おもてなしする天使さんや置物さんが、歓迎の姿勢で妖精さんを待っていますが、待つ存在を置くかどうかは、ご自分の感性でどうぞ!
 
寝ている間でも、妖精さんが、フェアリースペースで、くつろいでくれたら嬉しいです。
 
それではまた、ブログでお会いしましょう!
 

朝の掃除は開運的にNG?

images (25).jpg皆さんは、お掃除jをするのに、NGの時間帯があるって、ご存じでしょうか?

一日のうち、お掃除をしてはいけない時間帯があるのです。

それは、ズバリ、朝なんです。

朝のお掃除、特に掃き掃除は、開運的によろしくないと、言われています。

なぜなら、朝の掃き掃除は、福を掃き出してしまうことになるから、だそうです。

なので、私は、掃き掃除は、夜、寝る前にしています。

これに似た言い伝えに、「元旦に、お掃除をしてはいけない」、というものもありますね。

これは、諸事始めが、二日からなので、元旦にすることを戒めているようですね。

さて、そんなタブーの数々ですが、昔の人が言い伝えていたことって、「単なる迷信」ですませてはいけない、教訓が含まれていることもあるようです。

たとえば、「お盆に水辺に近寄ってはいけない」。

お盆には、あの世から帰ってきた霊が、水辺にもいるから、それらの霊に呼ばれてしまうことを警告しています。

なのに、今の時代、お盆の頃の、水難事故、けっこう多いですよね。

それは、やはり、今、おじいちゃん、おばあちゃんになった世代の方々が、昔からの言い伝えというものを、知らないからなのではないでしょうか?

お盆に里帰りして、海や川で、お孫さんが、水難事故に遭う、というパターンが、多いのは、おじいちゃん、おばあちゃんが、「お盆には、水辺に行ってはいけないよ」と注意していないからですよね。

実際に、霊に引かれて、水辺で命を落とすことになるのかは、分かりませんが、夏でも、海や川の水の温度は、結構冷たかったりしますから、水の中に入るには、十分、気をつけなさい、という教訓が含まれた言い伝えだと思います。

私は、言い伝えや、迷信と言われることに、なぜか、とっても惹かれます。

多分、おばあちゃん子で、育ったせいもあるでしょう。

ちなみに、私の面倒を見てくれた祖母は、明治の生まれで、若い頃、教師をしていたこともあり、かわいがってもくれましたが、びしびしと、スパルタ式に、私を鍛えてくれた印象が強いです。

さて、朝のお掃除がNGというお話しから、また、脱線してしまいましたが、これからも、ブログで、古くからの言い伝えや、おまじないをご紹介させていただこうと思います。

乞うご期待! 

1