• ホーム
  • カバラについて
  • 西洋占星術について
  • タロットについて
  • 鑑定の流れについて
  • 鑑定料について
  • プロフィール
  • アクセス
  • お問い合わせ

文化と開運

10月2日、事任八幡宮様にお詣りさせていただきました。

事任八幡宮-令和元年-3.jpegのサムネール画像のサムネール画像先週の水曜日、10月2日、掛川市の事任八幡宮様にお詣りさせていただきました。

もともと、二年前の、平成29年9月3日、こちらのお社には、初めて、お詣りさせていただいています。

事任八幡宮様は「ことのままはちまんぐう」とお読みし、願い事が、事のままに叶うというお力をお持ちの神社様です。

ご祭神は、四柱。

主祭神は、己等乃麻知比売命(ことのまちひめのみこと)様です。

由緒の古い、格式高いお宮で、成務天皇の御代(190年頃)にご鎮座され、大同2年(807年)に、坂上田村麻呂の東征の際、桓武天皇の勅を奉じ、本宮山より、現在の地にご遷宮されたと伝えられています。

「枕草子」にも、登場します。

私はこちらのお宮にお詣りさせていただいた、二年前の9月を起点として、明らかに仕事の状態が好転しています。

事任八幡宮-令和元年-1.jpegこちらが本殿です。

私は、神社にお詣りをさせていただくときは、ご祈祷をお願いしています。

二年前も、ご祈祷をしていただき、今回もご祈祷をお願いいたしました。

ご祈祷を受けている最中には、不思議な感覚に襲われることが多いように思います。

神主様が奏上されている祝詞をお聞きし、低頭していると、自分の魂ごと身体が浮揚するような、独特の感覚を憶えます。

祝詞の奏上や、幣、鈴を用いてのお清めの祓いを経て、玉串を奉天し、二礼二拍手一礼をさせていただき、ご祈祷は完了します。

ご祈祷を受けている際、私は心の中で、自分の願いを神様に奏上していただくからには、この願いを叶えるために、出来得る限りの精進と努力を持ってまい進するぞ、と心に誓います。

事任八幡宮-令和元年-2.jpegのサムネール画像こちらの杉は、御神木「大杉様」。

見上げるような大きな杉の樹のたもとに、誓いのロウソクを奉る場所があります。

ご祈祷を終え、私もロウソクを奉りました。

そして、社務所の神主様にお礼を申し上げたところ、「お茶をどうぞ」とのお言葉。

有難く、社務所に上がらせていただき、お茶と和菓子をいただきました。

隣の間は、床の間のあるお部屋で、床の間には、事任八幡宮様の宝物として名高い「羅陵王の舞」掛け軸が。

隣の間から、一礼し、手を合わせ、拝ませていただきました。

二年前のお詣りの際に、境内の外だったのですが、御不浄の手を洗う場所の壁に、アマガエルがいて、なんだか微笑んでしまったということがありました。

実を言いますと、今回もアマガエルの姿を発見しました。

「感謝の氣」という、事任八幡宮様の神様にお礼の気持ちをお伝えする木札の上に、こんな風にアマガエルがいました。

その姿を眼にし、私も感謝の気持ちをお伝えしよう、と思い、社務所で求め、お礼の思いを書き、奉りました。

繰り返し起こることには意味がある、と、運命学を学ぶ者は思います。

事任八幡宮-令和元年-1-1.jpegこうした、アマガエルの姿を、お詣りの際に目にすることの意味を調べたところ、蛇、カエル、トカゲなどの姿を、神社様の境内で眼にするのは、「神社様に歓迎されている」ということなのだそうです。

カエルは、多産の象徴で、家運を隆盛に導く、幸運の守り神です。

また、西洋では、「親指姫」の王子様がカエルに姿をかえられていた、というお話もあるように、「幸せの王子の化身」とされています。

カエルそのものも、卵から孵ったときはオタマジャクシ、そして、成長してカエルの姿になります。

姿形を変えながら成長することもあり、自分自身が変わりながら、ステージを上げていく、すなわち出世を暗示します。

こんな縁起の良い生き物に、神社様の境内で出会えたこと、とても嬉しかったです。

事任八幡宮-令和元年-4.jpeg境内には、大楠の樹が根を張り、枝を広げていて、お社を守っているように感じました。

樹齢を重ねた大木を拝見すると、私は、その雄大なお姿に、たとえ御神木でなくても、ありがたさや敬いの気持ちが自然に起こります。

何百年も、年輪を重ねながら、見上げるような大木になる、気の遠くなるような時間の経過の中、この神社様は、この地の方々に敬われ、大切にされてきたのでしょう。

御朱印帳に御朱印をいただき、感謝の気持ちで心が満たされるのを感じました。

こんな風に、平日の一日を、神社様へのお詣りの日にさせていただける、現在の自分の境遇に感謝しかありません。

今回は、お礼を申し上げる気持ちで、事任八幡宮様にお詣りさせていただきました。

そして、再び、日々の精進を怠らずに、仕事に尽力しよう、という決意をさせていただきました。

事任八幡宮-令和元年-5.jpegまた、来年も、お詣りさせていただきたいと思っています。

歩いて15分の、掛川市の道の駅も訪れ、掛川を堪能する日ともなりました。

家で、白猫・雪之介くんと待ってくれている母に、いろいろなことを話したくて、暗くならない時間に帰宅できるよう、帰路につきました。

曇りの予報でしたが、晴天に恵まれ、日帰りの神社参拝の旅は、無事、完了しました。

感謝です!

 

事任八幡宮
〒436-0004 
静岡県掛川市八坂642
電話:0537-27-1690 
FAX:0537-27-0596

 

それでは、また、ブログでお会いしましょう!

 

 

見付天神様にお参りして来ました。

見付天神1.JPG一粒万倍日の今日、磐田市の見付天神・矢奈比賣神社にお参りしてきました。

毎月、良い日を選んで神社参拝の日としたいと、ずっと思ってきたのですが、なかなか、その思いを叶えることが出来ずにいた私です。
 
今日は、磐田市にある、見付天神・矢奈比賣神社へのお参りをすることが出来ました。
 
ご祈祷も受けました。
 
磐田駅までは、東海道線で、静岡駅を出発して、一時間。
 
磐田駅のバスターミナルから、遠鉄バスで180円区間に、見付という停留所があります。
 
その停留所から、神社のホームページでは、徒歩5分とありましたが、実際には10分近く掛かりました。
 
道を知っていたら、もう少し、時間は短かったでしょうね。
 
 
見付天神3.JPG神社の本殿の画像です。
 
こちらへたどり着くまでに、結構、坂を登ります。
 
少し、息が上がってきた頃、本殿前に到着です。
 
この神社のことを調べていたら、「霊犬・悉平太郎伝説」というお話を知ることになりました。
 
簡単に略してしまうと、見付の村人を苦しめていた、怪神(正体は老いた狒狒・ひひ)を退治したのが、悉平太郎とのこと。
 
霊犬・悉平太郎は、現在は神として、見付天神つつじ公園内に鎮座する「霊犬神社」に祀られています。
 
悉平太郎をモチーフにしたお守りもあり、また、全国でも珍しいと思われる、ペットの為のお守りもこちらでは、販売しています。
 
神社に着き、本殿にお参りした後、ご祈祷をお願いしました。
 
見付天神1-2.JPGのサムネール画像
 
その時、御朱印帳もお願いしました。
 
ずっと以前から、神社仏閣への参拝を、心の糧にしてきた私ですが、御朱印帳を購入したのは、実は昨年のことです。
 
昨年11月に、清水の西宮神社様に、お参りし、商売繁盛の熊手を購入した時も、御朱印帳を持って行きました。
 
社務所の神主様に、御朱印帳の記帳をお願いしたところ、西宮神社様には、御朱印自体が無いこと、神主様が常にいらっしゃる神社ではないことから、御朱印帳の記帳は受け付けていないと、伺いました。
 
そういった神社様もあることを、初めて知りました。
 
そして、今年の元旦の初詣でも、静岡浅間神社様にお参りしたのですが、あまりの人の出と、九州から来静してくれていた、姉と姪の一家を待たせることも出来ず、御朱印帳デヴューはお預けでした。
見付天神5.JPG
 
こちらの画像は、悉平太郎の像です。
 
今回、満を持して、御朱印帳デヴューを果たすことが出来、とても嬉しく感じました。
 
ご祈祷は、本殿の中で、祝詞を奏上していただき、玉串をささげ、心を込めて受けてきました。
 
神社というところは、境内に入らせていただいただけで、背筋がピッと伸びる気持ちがしますが、本殿の中でご祈祷を受けるというのも、また、格別の思いがあります。
 
母のこと、姉と姉の家族のこと、雪ちゃんのこと、そして私のこれからのこと、お守りくださいと、祈りました。
 
遠出して、磐田まで、出掛けてお参りさせていただいたこと、清々しい気持ちになりました。
 
そして、何か、達成感にも似た高揚する思いを胸に抱いて、返ってきました。
 
こうして、春の日に、見付天神様にお参りできたこと、感謝です。
 
それでは、また、ブログでお会いしましょう!
 
見付天神 矢奈比賣神社様
〒438-0086
磐田市見付1114-2
TEL 0538-32-5298
FAX 0538-36-8117
URL http://mitsuke-tenjin.com
 

来宮神社様にお参りして来ました!

来宮神社1.JPG昨日、熱海にある、来宮神社様にお参りして来ました。

静岡から、朝8時過ぎの電車で、一路、熱海へ。

熱海駅からは伊豆急へ乗り換えます。

熱海から一駅目が、来宮駅です。

お宮は、駅から徒歩で行けるところにありました。

ネットで、「巨木のある神社 静岡県」と検索して、第一にヒットしたのが、こちらの来宮神社様でした。

「大きな木に触れて、グラウンディングしたいな」と、常々思っていた私。

神社には、巨樹があることが多いので、そう、検索したのですが、もともと、神社という空間が、私にはラッキースポットであることが多いのも理由です。

清められた空間に佇むと、身が引き締まるというか、きりっとした気持に切り替えることができて、神社は大好きな空間です。

来宮神社2.JPGのサムネール画像のサムネール画像

また、画像が横倒しになってしまいましたが、ご神木の大楠です。

樹齢二千年を超える、大きな楠の姿は、圧巻でした。

この大楠の周りを、願いを胸に一周すると、叶うとか。

私も、かねてよりの願いを胸に、一周させていただきました。

私は、事前に、来宮神社様にご祈祷をお願いしていましたので、境内を一通り、お参りした後、ご祈祷を受けました。

祝詞を奏上していただき、幣で、清めていただき、舞を舞い終えた巫女さんには、鈴で清めていただきました。

 

来宮神社4.JPG

玉ぐしを奉天し、ご祈祷は終わりました。

帰りには、神社直営のお食事処で、冷やしとろろそばをいただきました。

とても、美味しくいただけて、嬉しかったです。

良い、小旅行とお宮詣でが出来、幸せな夏の一日でした。

ありがたいことです。

それでは、また、ブログでお会いしましょう!


 

鬼谷算命学を学んでいると、いろいろ見えてきます!

DSC_0850.JPG私の占い歴は、タロットカードに始まり、カバラ数秘術を経て、西洋占星術に至っていますが、そこに、数年前から、鬼谷算命学という東洋占いの王道とも言える学問の探求が始まっています。

私にとって、占いは、生きていくうえでの大切なライフワークですが、そのライフワークをより確実なものにしてくれているのが、この鬼谷算命学です。

この学問は、奥が深く、まだ、陰占に入ったばかりの私には、その奥深さを語る力はありません。

静岡占いの館ミューズさんという、算命学を学ぶには、この地域で最高の場所で学べていることは、とても幸運なことだと思います。

私も、いずれ、算命学の初級をお教えできるようになりたい、と、そんなことも思っています。

算命学には、カバラ数秘術や西洋占星術との相関関係があるのか、ないのか、それも私の今生の学びのテーマです。

これから、カバラ数秘術や西洋占星術だけでなく、算命学的見地からの、運命透視を行っての考察も、このブログでアップしていくつもりです。

乞うご期待!

それでは、また、ブログでお会いしましょう!

 

朝比奈の陶芸体験で作りました!

陶器1.JPGRANA企画の尾崎和子さんのおすすめで、去年の12月2日に、朝比奈の地で、陶芸体験をさせていただきました。

このほど、その折に作った作品が、焼きあがり、届けていただいたので、嬉しくて、ブログアップしています。

工房あさひなさんで、成田尚さんの指導のもと、作った作品ですが、いかがでしょう?

味のある作品に仕上がっていると思うのですが・・・。

成田さんは、今川氏と静岡の深い歴史について、造詣の深い方で、とても興味深いお話を伺うことができました。

私は、徳川家康公の偉業に敬意を払いますが、駿府の町の礎を築いたのは、今川氏だという事実を尊重しています。

小京都であった駿府、連歌師が活躍していた駿府、長らく平和な文化都市としてあった駿府。

徳川家康公が、幼少時代、人質としてではあっても、この平和な文化都市・駿府で、多感な時期を過ごしたことは、天下泰平の世を築くという偉業を成し遂げたことと、決して無関係ではないと思います。

今川義元公は、最期が桶狭間でのことでしたので、なんというか、あまり良い印象はないかもしれません。

しかし、雅(みやび)な今川の在り方、私は、嫌いではありません。

むしろ、好き、ですね。

さて、陶芸体験です。

今回は、3,000円という破格な参加費で、こんなに味のある陶器を作らせていただきましたが、尾崎さんによると、次からは、5,000円になるそうです。

この陶芸体験を通して、私は、朝比奈地区っていいところだなぁと思いました。

次回は、母の分を作ってあげたいと思っています。

また、今川氏のお話しを伺いながらの陶芸づくり、とっても楽しみです。

では、また、ブログでお会いしましょう!

着付け教室に通っています。

着物1.jpeg

着物井越さんの、着付け教室に通っています。

この画像は、夏に、東京で開催された、篠笛のおさらい会のリハーサル、下ざらい会に出席するために、着つけてもらった、浴衣姿です。

そう、私は、今年一月から、篠笛のお稽古を始めました。

そして、ほどなくして、お師匠さんから小袱紗(こふくさ)を用意しなさいと言われたのです。

呉服屋さんを回って、探したことを、、以前のブログで書きました。

そして、どの呉服屋さんにも、小袱紗はなく、たった一軒、井越さんだけが、小袱紗のありそうなお店の情報を、私に教えてくださいました。

小袱紗が茶道具であること、茶道具専門店が、静岡にあることを教えてくださり、そのお店・いとおさんのお店の地図を、プリントアウトして、渡してくださったのが、今思うと、井越さんにおける、私の現在の担当のSさんでした。

そのとき、私は思ったのです。

もし、今後、お着物が必要なときが来たら、井越さんにお世話になろうと。

そして、そのときは来ました。

篠笛のおさらい会(今年の夏でした)に出席するために、絽の着物をあつらえる必要が発生したのです。

迷わず、井越さんにお電話し、翌日、母とともにお店に伺って、反物から選んで、色無地の一つ紋の絽の着物を、作っていただきました。

そして、出来上がった着物を、着つけていただいて、無事、おさらい会を終えることができたのが、今年の8月3日のことでした。

9月から、井越さんで、着物の着付け教室が始まると聞いて、申込みを即、したのは言うまでもありません。

昨日で三回、習いました。

補正着を作った、第一回。

浴衣の着付けを習った第二回。

そして、昨日は、長じゅばんを着て、小紋の着物を着るところまで、習いました。

帯はまだです。

長じゅばんと絹のさらさらした着物を着るのって、結構、大変です。

合わせの小紋を、このお教室のために、作らせていただいた私ですが、先生に、「お教室で着るには、着物が上等すぎる」と指摘されてしまいました。

なので、もしかすると、この秋、紬(つむぎ)を作るかもしれません。

紬は普段着ですからね。

着物を自分で着ることができるようになって、日本人として恥ずかしくない振る舞いができるようになれたら、本当に素敵だと思います。

頑張ります!

それでは、また、ブログでお会いしましょう。

小袱紗を購入しました。

DSC_1239.JPG

篠笛のお稽古の際、吹き終えた笛を載せるために、小袱紗をつかいます。

なので、初稽古の後、私は、呉服屋さんを何軒かまわって、小袱紗を探しました。

しかし、ふつうの袱紗はあるのですが、小袱紗は、置いてあるお店がありませんでした。

ある呉服屋さんの店員さんが、お茶道具のお店なら、あるかもしれない、ということをおっしゃり、静岡市にあるお茶道具のお店を紹介してくださいました。

そして、翌日、そのお茶道具のお店・いとおさんに電話し、小袱紗の存在を確かめたのち、実際にお店にお邪魔して、求めたのが、画像の小袱紗です。

絵柄は、宝尽くし。

DSC_1240.JPG

私の好きな、縁起の良い絵柄です。

やや、お値段が高かったのは、宝尽くしの絵柄を織り込んであるからでしょうか?

そのお店には、さすがに、さまざまな絵柄の小袱紗がおいてあり、選んでいるとき、とても楽しかったです。

篠笛とともに、一生使うものなので、お金を出し惜しみせず、良いものを選びました。

ちなみに、小袱紗は、通常、お茶席で、お茶碗を運ぶ際、下に添えて使うとのことでした。

もし、時間に余裕ができたら、お茶も習いたいな、という気持ちが心をよぎりました。

でも、まずは、篠笛をまともにふけるようになるのが、先ですね。

毎日、習った三音を、吹いている私です。

だんだん、息が長く続くようになってきました。

良い音が出ると、部屋の空気が清められたような、すがすがしさがあります。

夕べは長唄「吉原雀」を聴きながら、休みましたが、歌詞を読みながら聴くと、いっそう、良くわかります。

とても、粋な感じの歌詞でした。

どうも、篠笛を習うということは、その「粋」という感覚を体感し、体現することも目的の一つなのかも、と思います。

まだまだ、その域には近づけませんが、一歩一歩、進んでいきたいと思います。

それでは、また、ブログでお会いしましょう!

篠笛を習い始めました♪

DSC_1234.JPG

私には、以前からずっと、あこがれていた楽器がありました。

それは、篠笛。

祭りのお囃子のようなピーヒャラという感じの笛の音ではなく、たとえば、京の町を行く牛若丸が吹いていたような、しっとりした篠笛の響きにあこがれていたのです。

このほど、藤舎流笛方の、藤舎理生(とうしゃりを)先生に、師事することとなり、昨日はその初稽古の日でした。

先生が用意してくださった、篠笛を手にしたとき、本当にうれしくて、一生、大切にしようと、心に誓いました。

そして、お稽古が始まり、三つの音を教えていただきました。

その日、初めて触った、その篠笛が、音を出してくれたので、私はとっても嬉しかったです。

初めての稽古にしては、良い音が出ていると先生におっしゃっていただき、とても光栄でした。

でも、息がなかなか続かなくて、もっともっと精進しなければ、と思いました。

img489.jpg

こちらは、藤舎理生先生の演奏がおさめられているCDのジャケットです。

先生は、すでに35年、篠笛をふいておられるとのことで、「楽器の演奏は、スポーツと同じで、毎日の稽古が大切」とおっしゃられます。

先輩にあたる生徒の方々の稽古を拝見させていただくこともでき、勉強になります。

長唄の笛を教えられるときは、先生自身が、三味線を弾きながら、唄もうたわれます。

「粋」というのは、こういう方のたたずまいをいうのだなぁと思います。

私も、少しでも、先生の笛の音、そして、その粋なたたずまいに近づけたらと思わずにいられません。

こんな素敵な先生に巡り合えたことに感謝です。

笛の音を研ぎ澄まそうと、精進することが、きっと、私の占いの仕事にプラスになると思います。

感覚を鋭くすることにつながるからです。

そうして、もっと、良い仕事が出来るようになって、お客様のお幸せのお手伝いがしたいです。

それでは、また、ブログでお会いしましょう!

1